太陽

2017年10月26日 (木)

10月26日の太陽面

イメージ 1

 FC76 ND10000+ND8 Or.18mm Nikon Coolpix4300 1/1000s f15.3mm F10.4

今日もすっきりした快晴です。こんな日がだんだん増えてくれるといいのですが。
というわけで23日に続き太陽面撮影です。太陽面の活動も極小期に向かっています。先日の北米での皆既日食のコロナの画像では、まだまだ元気な活動が感じられるのですが黒点は少ないです。

2017年10月23日 (月)

久しぶりの太陽面撮影

 太陽面の撮影は、SOHOの画像とか、素晴らしいものがたくさんありますし、ここ半年ほどしていませんでした。太陽活動が極小期に向かう時期にあることもやる気を縮ませていました。でも、長い間太陽面スケッチや撮影をしているので、やっぱりやめられないです。

 学生時代、天文部にいて毎日晴れていれば昼食後とか、午前の授業の空き時間に太陽観測のベテランから、実地の手解きを受けて太陽面観測をしていました。天文部では太陽班にではなかったのですが、太陽班のメンバーと同じくらいの観測数がありました。
 観測とか観察は、やり続けていると自然の変化に気づいたり驚かされたり、地味ではですが、楽しいです。卒業してから何十年もたつのですが、途切れることもあまりなく観察しています。天文仲間とは、今でも時々顔を合わせます。太陽画像のいい処理ソフトを作ったからとすすめられ、投影してのスケッチから最近では撮影で太陽を観察することに変わりました。でも、今日みたいに天気がいいと、庭に望遠鏡を出して、太陽面スケッチをしたくなります。投影スケッチの方が観察眼が上がる気がします。
 天気がいいこれからの季節は、日本では偏西風の影響でシーイング(大気の流れによる揺らぎ)が大きく精度のいい観測は少なくなります。今日もシーイングは2/5(5段階でレベル2)でした。画像処理で強引に鮮明なようにしています。しばらく画像処理やデータ処理していなかったので、最終的な処理画像作るのに手間取ってしまいました。どこかに備忘録を作っておかないといけないです。
イメージ 1

2017 Oct.23 11h43m ND10000+ND8 FC76 f=800mm Or18mm
1/1000S F10.0 Nikon Coolpix4300 コリメート
stelaimage7 + sun2

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック