日々の出来事

2021年7月 7日 (水)

2回目のコロナワクチン接種ですが、・・・

 小田原市のワクチン接種は、5月末に予約開始でした。かかりつけの病院に行ってみると、すでに5月はじめから予約をしているとのこと。今からだと、9月か10月と言われてしまいました。そんな情報知りませんでしたから、正直に予約開始の日に行った私がいけなかったのかもしれません。ちょっと怒りを覚えた私は、事前にとっておいて予約センターのアカウントを使い、市内の病院の予約状況をつかみ、システムの情報が切り替わる深夜0時に予約を取りました。それでも、2週間先の6月16日が第1回目の接種となりました。

 年に1~2回、予防接種や検診で病院に行くのは、かかりつけとは言わないのかもしれません。かといって、すべての人が電子機器を駆使して予約が取れるとも限りません。たまたま、予約を取るのに5月6月は、混乱があったのかもしれないです。

 そういうわけで、1回目の接種を終え、今日が2回目の接種日です。ところが、昨日38度近い熱を出してしまいました。熱を出すなんて、ほとんどない私ですが、一昨日あたりから、都内へ往復したり、イノシシが罠にかかったのでその処分のための招集がかかったり、少し無理したのかもしれません。熱は下がりましたが、正直にその旨伝えてお医者さんの判断に従うしかありません。

2021年6月21日 (月)

梅干し作り

 今年は、梅が豊作とのニュースが流れていました。山の畑の梅の木にも、たくさん実りました。近くの畑の梅は、大粒になりましたが、我が家の梅は例年通りの大きさです。というのも、品種が『小粒南高』といって直径3~4㎝で、もともと大きくならない品種です。種が小さくて梅干し向きの品種です。大きな粒の梅は立派なのですが、漬けるときに、かさばりたくさん梅干しを作りづらかったり、食べるのにやや大きすぎたりですが、『小粒南高』は、味わいは『南高』と同じといわれ、梅干しに向いています。日当たりのいいみかん畑の一角にあるので、日に当たる側がほんのりピンク色になり、とても綺麗に実ります。
 6月7日に収穫し、翌日に漬けました。今日は、赤じそを収穫して塩もみし、漬けた梅干しの中に入れました。透き通るような赤色になりました。これで梅雨明けまで、納屋の軒下で漬けます。

Photo_20210621073201

 梅より一足先に漬けたらっきょうが、そろそろ食べられるようになりました。先日から、キュウリが収穫できるようになり、ぬか床で漬けて食べ始めました。今日は夏至、今年の夏も、はじまります。

2020年10月19日 (月)

自然の姿に癒やされる

 山の畑で1日を過ごす生活になって6年、現役時代、パソコンとペンとネクタイ、会議が終わると暗くなっていて、・・・細やかな自然の変化を感じることがなかなかありませんでした。今は早朝から暗くなるまで、遠くの山のシルエットから足元の土の湿り具合まで、日々変化することに気づきます。植物は季節を追って変化するというより、日々変化していくことに気づかされます。風が変わったり、雲の流れや見通しだったりで天気の変化に気づきます。野生の感覚みたいなものを自分の中に感じているのかもしれません。
 今朝も、富士山の様子や風の流れから、小雨がそろそろ来ることを感じましたし、イノシシなどの山の動物の動きも何となく感じられます。農道の仲間達も同じようなことをいいますから、同じような感覚が山の自然の中にいると持つのかもしれません。
Dsc_3325

2020年8月 6日 (木)

三日三晩の梅干し干し

 6月に収穫した梅、梅干用として漬けてあったものを、梅雨も明けたのでいよいよ三日三晩の天日干しにしています。今日はその3日目。あと一晩外ですごさせて明日取り込みです。少し量が少なかったでしょうか。いっしょに漬けた赤ジソはもんで砕いて『ゆかり』になります。梅酢をなめていると、家内が梅酢の使い方を教えてくれました。紅色の梅酢に新生姜を漬けて紅ショウガを作るのだそうです。なるほど、昔の人はよく考えてものです。全く無駄になるところがありません。
Dsc_3260

2020年7月22日 (水)

軽トラ、エンジンオイル交換

 無線小屋(山のみかん貯蔵庫・農機具置き場)の発電機のオイルは、毎週のように交換して、キャブレターの清掃も月に1度くらいのペースでしているのに、山の畑に上がるための大切な軽トラのメンテナンスには手を抜いていました。ここ1年エンジンオイルすら交換していない状態。走行距離こそ短いものの、1年近くもほったらかしは、まずい!! エンジン音も何となく大きくなってきた気がします。耕運機などを軽トラに積み込むラダーを使って斜面を作り車体を上げてもいいのですが、みかん畑の入り口の所は通路がV字になっていて、車体の下が大きく空きます。そこで、交換作業をしました。エンジン音も静かで快調になった感じです。ついでに消毒用のポンプに圧力をかけて水を吹いて下回りも清掃しました。梅雨が明けないうちは、またぬかるみの農道でよごれてしまうかなぁ。
 調べたら、ミッションオイルとデフオイルも、やればできそうです。やはり、自分でできるところはやらないと、愛着もわきません。

 ところで、オイルはいつも安いものを使うのですが、同じ銘柄の20リットル缶と4リットル缶の1ℓあたりの単価を計算してみると、ほぼ同じ、いえ、むしろ4リットル缶の方が安いです。なぜだ、容器の値段でも入っているのかな。安い4リットル缶は、いつも特売価格だからかな。まあ、どうでもいいかな、とにかく小まめに交換するほうがエンジンの調子はいいですから、さぼらないようにしないと。

1_20200722080501

2020年6月26日 (金)

わざわざ手紙を書くのが好きです

  電子QSLを絶賛したり、オンライン・・・が好きだったりするのですが、手書きで手紙を書いたり、妙に古めかしいことをするのが好きだったりもします。電子申請で変更申請した局免の封筒も、農協の広報誌の中身も全部手書きです。パソコンとネットを使えば簡単なのですが、ついつい検索してコピペや、にわか仕立ての知識を振りかざしてしまいますから、自分の頭で考えて文字にします。

 今月もまた、QSLは、レターパックライトで島根に送ることになってしまいました。いつもはクリックポストですから、真夜中でも印刷発送ができたのですが、先月と今月は、レターパックを買いに少し歩いて郵便局にいきました。移設してできたばかりの綺麗な郵便局、お隣のコンビニと駐車場がいっしょです。コンビニでレターパックを買ってもいいのですが、余計なものも買いそうなので郵便局に入りました。人も少なく待ち時間もない、壁際には夏の可愛らしい切手や葉書などがあって楽しい感じです。最近は、スティックのりやクレパスなど葉書書きの道具まであります。ちょっと割高なので、それらは、近くにできた文具専門店で手に入れます。
Dsc_3209

お隣さんの枝払い

我が家のお隣(正確にはマンションの玄関に通じる通路を挟んだお隣さん)は、回転寿司屋さんです。開業してから10年ほどですが、植え込みの紅葉などずいぶん大きくなっています。息子たちがそこでバイトしていたりする関係もあって、なんとかならないかとの相談がありました。山の畑のまわりの木なら遠慮なくばさばさと切るのですが(時には根元から伐採)、お客さんの窓越しの紅葉なんてしゃれたものの枝きりなどしたこともありません。『どんな格好になってもいいから・・・』といわれ、雨の合間をぬって枝落としをしました。チェーンソーを使うこともできず、結局、1日仕事、軽トラ2杯の枝を落としました。疲れたぁ!みかんの消毒作業や明日の土曜日はALL JA1のコンテストもありますから、体調をベストにしておかないといけないです。まさか、謝礼は息子のバイト代に上乗せなんてことにならないですよね。

2020年2月12日 (水)

歯医者さんに行こう (*^▽^*)

 20年ほど歯医者さんに行ったことがなく、行くのが怖かったのですが、昨年11月末、右奥の歯の一部が欠けました。痛くはなかったのですが、歯医者さんに行くことにしました。歯医者さん曰く、『原因はむし歯です!!』一喝され、それから3ヶ月、毎週1回ずつの歯医者さん通いがはじまりました。
 歯石とり、歯磨き指導、むし歯治療。ようやく今日、一通りのことが終わりました。これからは定期検診を4ヶ月に1度ずつ受けることにしました。
 歯医者さんは、痛い、高額、何回も通う・・・そんなマイナスイメージばかりでしたが、今は、そんなことはなかったです。定期検診は数百円ですむようですし、歯磨きの意識もずいぶん変わりました。

 今日は、歯医者さんの受付のお姉さんからバレンタインのチョコをいただいて、帰りました。もちろん糖質ゼロのキシリトール入りチョコです。

Photo_20200212184101

2020年1月 5日 (日)

箱根駅伝

 今年もQSOパーティーと重なって,箱根駅伝が行われました。この日程、なんとかしてほしいと思っていたら、QSOパーティの日程を延長という案が浮上して、意見募集も行われていました。さっそく、期間延長の希望を出しました。
 それはさておき、いつになくハイレベルな記録、優勝もさることながらシード権争いも激しい。居ても立ってもいられず、今年も沿道で、母校の旗振り応援です。家から徒歩5分で国道1号線、旗振りは多い方がいいとばかり妻も動員して、年に1度の大声で観戦。7区区間賞は、明治大のキャプテン阿部君,いい走りです、やってくれました。おかげで、シード権奪還です。
0103-img_0764

 追伸:観戦を終え帰ろうとすると、新聞社が配布した旗を道ばたにポイ捨てする人がいました。しかも夫婦で!あり得ない行為です。学生時代から、どんなに大騒ぎしても(それだけで迷惑ですが)、決して社会のルールに反するようなことは、学校の名誉にかけてもしないというのが、当たり前でした。駅伝に限らず、世の中の常識です。日本人も地に落ちた人間が多くなってきました。

2020年1月 1日 (水)

2020年 今年も、よろしくお願いします。

Dsc_26450101

 星を眺めたり、無線をしたり、少しだけ家業に力を入れたり、のんびりゆったりマイペースでいきたいと思います。

 JO1DGE
 久保寺克明

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック