JST-245/JST-145

2017年10月18日 (水)

JST-145D


 先月、yahooオクで、7.5MHz以下送受不可というジャンク品を買いました。たぶん、LPF基板の周辺の不具合で送信不能となっているのかなと、甘い考えでポチッてしまいました。確かにLPFのリレーの不具合がありました。すべて新品に交換したら、回復しました。

イメージ 2

 ところが、時々7MHz帯や3.5MHz帯、1.9MHz帯で送受信できなくなったり、回復したりします。さらに18MHz帯にも同じ現象が出ました。ハンドを切り替えると気まぐれに起こります。SGからの信号を入れて、順に追いかけていくことにしました。バンドパスフィルターとRF増幅は異常なしです。第1中間周波がいきなり70MHz台です。我が家のオシロではとても見にくい周波数です。しかも周波数カウンタは信号レベルが低すぎて、カウントしてくれません。しかたなく9MHz台の第2中間周波へ移動しました。不具合のバンドは,ここに信号が来ていません。どうやら第1中間周波の周辺のトラブルのようです。

イメージ 1

 回路図を見ながらTX・RX基板の怪しそうな辺りをさぐりましたが、今ひとつはっきりしません。もやもやしながら1日過ごしました。ちょうど、前線も停滞気味で天気が悪いので畑作業もできないです。回路図を拡大コピーし,苦手な英文のサービスマニュアルを転がりながら見ていました。
 もしかしたら、局発の70MHz台の信号かなぁ。局発は、CPUにコントロールされていてDDS(Direct Digital Synthesizer)で、水晶と真空管で作る局発とはわけ違います。別にあるSynthesezer基板にあり回路も複雑です。近づきたくないところです。
 幸い、回路図と各ポイントでの動作電圧の一覧がありましたので、それを元に具合の悪い7MHz帯の局発をあたっていきました。すると、DDSの混合回路の小さなトリマコンデンサーをたたくと不具合が起きたり回復したりします。18MHz帯も同じです。基板への半田付けが劣化したようです。ここだ!!丁寧に50MHz台まで回路が組んでありますが、JST-145で使うのは30MHzより低いところの4つの混合回路だけです。念のため、4つのトリマコンデンサーを交換しました。たぶん30PFくらいがいいのでしょうが、120PFのトリマコンデンサしかありません。取り付けて70MHz台の信号をオシロで見ながら調整してみると、なんとか調整できます。部屋を暗くしないと高い周波数はオシロの画面で見えません。デジタルオシロがほしいなぁ。

イメージ 3

 さすがの日本無線さんの半田付けも、長い年月には勝てなかったようです。トリマの下の半田が劣化していて簡単に外れました。

イメージ 4

 幸い、この部分はチップ部品が基板の裏側についていてトリマコンデンサーをはずしやすいです。ただ、しっかり半田付けするためには、コイルをはずさないといけません。コネクタ類をすべてはずし、基板を取り出してコイルを裏面からはずしトリマをしっかり半田付けしました。シールドケースをかけてからオシロの画面とSGの周波数、無線機の周波数表示を見ながらトリマを調整しました。電解コンデンサーも交換したいところですが、電源電圧に異常はないようですから、今回は、このままにしました。
 バンド切り替えをしても、たたいても何しても不安定な動作はなくなりました。局発は、送信信号にも関わりますから、一応チェックしました。すべてのバンドで100wほどの出力が安定して出ています。




2017年9月21日 (木)

JST-245H 修理完了

 先週金曜日に不具合が見つかったJRCのJST-245Hですが、1.9MHz~7MHzまで150W出るようになりました。ATU基板のリレーをすべてはずして点検清掃したのですが、特に異常は見つかりませんでした。いくら邪道で接点磨きしてしまったとはいえ、端子は綺麗で接触抵抗は0.1オーム以下でした。
 リレーを半田付けし、12Vの電圧をかけて基板の上でRLコントロール基板につながる20ピンのコネクタから順にリレーを動作させていきました。(端子を順にアースに落とすだけ)すると、ローバンドに関わるリレー(K29)が1つ動きません。リレーや誤動作防止のダイオードは正常です。ルーペで見るとリレー端子のパターンがわずかに浮き上がっています。前回リレーをはずすときに半田吸い取り器で強引に半田を取り除いたために痛めたようです。わずかな浮き上がりと破断だったため1年間正常に動作し、不安定化したようです。細いすずメッキ線でパターンを修復し、正常に動くようになりました。
 今回、ATU基板のリレーのみ点検清掃しましたが、まだ、センサー基板、アンテナ切り替え基板、TRX基板などに、ATUと同じリレー(製造中止、代替品は、端子位置が1本異なる)や他のリレーがいくつか入っています。交換、あるいは清掃が必要です。(自分への備忘録もかねて記載)
 基板の取り外しと組み立ても、結構たいへん!!印やメモをセロテープでつけながら、サービスマニュアル(英文)を見ながら丁寧にやる必要があります。

イメージ 1

この上にセンサー基板がのります。


2017年9月19日 (火)

JST-245Hの具合が悪い!!

 JRCのJST245-Hの具合がよくないです。突然1.9MHzから7MHzが送受信できなくなりました。電源を入れ直すと直ったりしますが、また、具合が悪くなります。10MHz以上は送受信ともOK、150Wほどの出力が出ます。ファイナルや電源は正常のようです。ピンと思い浮かんだのがATU基板のリレーの不具合。ATU基板はATUを使っていなくても普段からローパスフィルターになっていて、バンドを切り替えるたびに30個のリレーが切り替わりパイ型フィルターを作ります。1つでもリレーが接触不良を起こすと具合の悪くなるバンドが出ます。ちょうど1年前にも、同じATU基板のリレーの不具合がありました。その時、リレーの接点を磨いて修理しました。ほんとは、そんな修理は邪道です。それにしてもわずか一年で接点が不良を起こすとは考えづらい。前回とは不具合のバンドが違うから別のリレーが不具合かなぁ。30個のリレーすべて前回点検したのですが。とりあえずATU基板をはずしてリレーの点検をすることにしました。だいぶ古い機械ですからコネクタ接触抵抗が上がってきているのかなぁ。
イメージ 1

とりあえずATU基板をはずしまし。リレーを点検するには、根気がいりますから、覚悟を決めます。
イメージ 2
リレーをすべてはずします。1時間やると嫌になるので、この作業に2日かかりました。
イメージ 3

リレーも一つ一つ電圧を加え接触抵抗見ながら点検していきます。

イメージ 4

今夜はここまで。次回基板にくみ上げたところで動作チェックしてみます。



フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック