« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月の投稿

2020年7月28日 (火)

エレキーの速さ調整

 エレキーの速さ調節のVRがクリチカルで微妙でした。簡単なんですが、ジャンク箱から少し大きめの120KΩのVRを速度調整用のVR1MΩに直列に入れて、手元で調整できるようにしました。ついでにあった目盛板も入れ、いい感じで調整できるようになりました。

Dsc_3233

野菜には厳しい今年 -キュウリ編-

 7月28日になっても梅雨が明けません。連日の日照不足、これだけ毎日雨が続き日照不足ですと、キュウリの変形などに大きな影響が出てきそうですが、幸いなことに大きな影響もなく収穫が続いています。自宅で地域の人たちに3本100円、形が良くないものは7~8本100円でお譲りしています。1日50~60本ですから、あっという間になくなります。
 毎年、数本のキュウリを完熟させ、種を採ってそれで苗を作っています。ですから、接ぎ木した苗と違って連作ができませんので、手もかかりますが、無農薬で育てることができています。

Dsc_3227

全福島マラソンQSOに参加中 -その2-

 全福島マラソンQSO3日目、さすがに1.9MHzシングルバンドでの参加は、さみしいです。他のバンドでもそれほどにぎやかさがありません。それでも、夕方から電波を出していると、各地から呼ばれてログを進めることはできました。そして昨日も昨年もお世話になったJA9YC/7さんが、9のコールで呼んでくれました。ありがとうございます。これでなんとか3日目のマルチもとりました。21時過ぎには、雷鳴も響きはじめ、そこで終了しました。
 毎夜ぎりぎりの状態での得点ゲットです。かなり厳しい、目標はマルチ7ですが、昨年よりむずかしそうな予感です。

2020年7月27日 (月)

HamLog電子QSL(hQSL) ますます拡大

 紙資源の節約、送受の速さ(当たり前かな)、照合は一瞬、管理の効率化など便利さがますます進化・拡大しています。なにより、輸送・転送の手間や費用がほとんどないですから、JARLのQSL転送予算の大幅縮小に大きな影響が出そうです。国内はHamLog電子QSL、海外はLoTWとeQSL.ccでという時代です。海外からのhQSLへの登録もあるとのことですが。交信していると毎日のように hQSL登録者 という文字がHamLogにヒットしますから、運用頻度の高い人たちは登録を次々すませているようです。紙QSLの発行が押さえられていくことを願っています。手持ちの印刷用白紙QSLの数が、残り5000枚を切りました。早く推し進めましょう。QSL VIA hQSL と何度か打ちました。8月号のCQにも記載され登録に拍車がかかりはじめているようです。 

定義ファイルで縦の電子QSLを作ってみました。eQSL.ccでは、ドネーションしても、ここまでできないです。
Ws000065

転送枠のないところがいいですね。

全福島マラソンQSOに参加中

 順位がついてしまうのでコンテストかもしれませんが、参加中です。A1Cのオリンピックゲームズもそうですが、長・中期の戦いは好きです。1日中参加はできません。基本夜だけで1.9MHzを中心に参加しています。まだはじまったばかりですが、とりあえずマルチは2になりました。ここのところ毎晩、雷雨があり、昨夜も20時過ぎから夜空が何回も光り雷鳴も響きましたので、21時前にコネクタをすべてはずして終了しました。コンテストとは銘打ってなくて通常の交信ということですから、CQをひたすら出すか、呼びまわるかのどちらかです。幸い福島の局は、コールサインのあとにJCC・JCGコードをつけてくれるので、わかりやすいです。私の場合は、コンテストマンではないので、いつでもだれでも Wellcome ですから、あちこちからの声をかけていただき、うれしいです。岐阜の JA1MYA/HIRO さん、毎夜ありがとうございます。1.9MHzは、ほんと日々コンディションが違いますね。25日は、アンテナが接触不良でも起こしたかというほど、激しいQSBでした。

 残り5日、どこまでできるのか楽しみです。ちなみに昨年はマルチを1つ落としています。福島だと、1.9MHzでは近からず遠からずちょうどいい距離なんですよね。

2020年7月22日 (水)

軽トラ、エンジンオイル交換

 無線小屋(山のみかん貯蔵庫・農機具置き場)の発電機のオイルは、毎週のように交換して、キャブレターの清掃も月に1度くらいのペースでしているのに、山の畑に上がるための大切な軽トラのメンテナンスには手を抜いていました。ここ1年エンジンオイルすら交換していない状態。走行距離こそ短いものの、1年近くもほったらかしは、まずい!! エンジン音も何となく大きくなってきた気がします。耕運機などを軽トラに積み込むラダーを使って斜面を作り車体を上げてもいいのですが、みかん畑の入り口の所は通路がV字になっていて、車体の下が大きく空きます。そこで、交換作業をしました。エンジン音も静かで快調になった感じです。ついでに消毒用のポンプに圧力をかけて水を吹いて下回りも清掃しました。梅雨が明けないうちは、またぬかるみの農道でよごれてしまうかなぁ。
 調べたら、ミッションオイルとデフオイルも、やればできそうです。やはり、自分でできるところはやらないと、愛着もわきません。

 ところで、オイルはいつも安いものを使うのですが、同じ銘柄の20リットル缶と4リットル缶の1ℓあたりの単価を計算してみると、ほぼ同じ、いえ、むしろ4リットル缶の方が安いです。なぜだ、容器の値段でも入っているのかな。安い4リットル缶は、いつも特売価格だからかな。まあ、どうでもいいかな、とにかく小まめに交換するほうがエンジンの調子はいいですから、さぼらないようにしないと。

1_20200722080501

2020年7月21日 (火)

2020 Ham Fair 開催中止!! 残念!

 とても残念なニュースが、飛び込んできました。ビッグサイトでの2020Ham Fairの中止のニュースです。

https://www.jarl.org/Japanese/1_Tanoshimo/1-3_Ham-Fair/2020/Ham-Fair_c.htm

 新型コロナウィルス感染拡大が続く中、もしかして、中止になるかなぁとは、うすうす感じていましたが、発表されると、残念な気持ちがわき上がってきます。毎年1回、普段、電波で空の上でしか会えない人たちにお会いしたり、ジャンク漁りに奔走したり、昨年は電信の体験コーナーもお手伝いできたのに、・・・・残念です。

 深刻な状態をあらためて感じ、慎重な行動を続けなくてはいけません。せめて、オンライン、オンエアで盛り上がりたいです。

Img_0733

2020年7月14日 (火)

みかんの消毒用ポンプとエンジン、不調!!

 雨の合間のわずかな時間をねらって、みかんの消毒をしようと思っていました。午前中に作業を終わらせ、午後に風に当てて乾かし、夕方からの雨でじわじわ溶かして細菌や虫を駆除なんてこと考えていました。こういうとっさの時にでも快調に動いてくれるのが、わがニッポンの誇るHONDAのエンジンと思っていたのですが、何とも頼りないエンジン音!ポンプに圧力をかけようとしたらストップしてしまいました。しっかりしてよエンジンちゃん!山での修理では道具も足りないので、軽トラに300リットルの薬剤をタンクに入れたまま家に戻りました。
 
 まあ、普段からしっかりメンテナンスしていないから、こうなるんだろうけど、すぐに動かしたいときに不調というのは困りものです。このエンジンと、タケノコを谷底から運び上げる運搬車のエンジンは同じ型なので、メンテナンスの勉強も兼ねて不調を探ることにしました。

 個人的な備忘録的に書き上げておきます。

 1 タンク内 清掃
 2 燃料パイプ交換
 3 燃料コック内 清掃
 4 キャブレター内 清掃
 5 エアフィルター交換
 6 プラグ点検
 7 エンジンオイル交換(ポンプのオイルも交換)
****************************
 1 タンク内はとても綺麗でさびなどありません。下手に清掃して傷つけて、さびの原因を作ってもいけないので点検のみ。
   ただし、タンク底の燃料フィルターは、キャブクリーナーを吹いておきました。

 2 燃料パイプは、一部劣化があったので、近所のホームセンターで内径4ミリのものに交換。(長さ15㎝ 10㎝ 98円)
   ただの耐油ホースは、使わないこと熱に弱くはずれやすい!!

 3 燃料コック内は、多少汚れはあったものの、不調の原因とは思えず。

 4 キャブレター内の清掃
   さて、問題のキャブレター、取り外しもなんとかできました。
   やはり、頻繁にしていないと固着するので、中だけでなく外側もたまには清掃すること。
   燃料トレイのガソリンはもったいないので、タンクに戻しつつねじを緩める。
   ニードルジェットは、無事はずせました。やはり固着するので、たまには取り外して清掃すること。固くは締めていない
   ニードルジェットの取り外し、取り付けは慎重に、力を入れすぎない。
   ニードルジェットには、側面に小さな穴が2個、極小の穴(0.3mm径)8個あるので細いワイヤーとキャブクリーナーで清掃。
   その他の穴もキャブクリーナーで清掃。微妙な調整ねじは、あとでエンジン音を聞きながら調整する。ほぼ調整すみなのでいじらなくてもよいかも。

 5 エアフィルターの交換
   今回、かなりよごれていたので交換。といっても専用品は取り寄せになるので、また、値も高いかもしれない。台所用スポンジを2個
   半分に切って組み合わせるとちょうどよい大きさでぴったりはまる。

 6 プラグ点検
   特にスパークしていないとかなかったので今回は、とりはずしてススをとってきれいにするのみ。

 7 エンジンオイルは、交換。およそ、キャップの目盛りの半分まで
   ポンプのオイル交換(量は不明なので、わきの窓が埋まる程度に入れた。)

※50メートルのホースやノズル、接続のパッキン等は、昨年点検と交換をして特に異常はないのでそのまま。

************************

この状態で、今日、山の雨水槽の水を使ってテストしてみた。エンジン快調、液の噴射も以前と変わらず。ok。あとは天気を見て消毒の実施。 

Dsc_3221

 さて、不調の原因はどこにあったのだろう? 燃料コックまで清掃したところで、エンジンをかけたが、今ひとつ調子よくなかった。
 キャブレターを清掃し、エアフィルターを代えたら、バッチリ動くようになった。やはり、キャブレターの汚れかなぁ。エアフィルターの劣化か、そのあたりに所かなぁ。

 

2020年7月11日 (土)

HAMLOG用パソコンが不調 -キーボードの接触かな-

 昨日あたりから山の無線小屋のパソコンが時々不調を起こします。Hamlog入力しているとカーソルが文頭に来てしまうことがあります。時々あるので、はじめは夢中になってカーソルキーかどこかを触ったかなと思っていました。今日立ち上げてみるとパスワートが正しく入らない、よく見てみるとキーを打つごとにカーソルが先頭に戻っています。立ち上げ直してみると、警告音が、出ました。カーソルキーや他のキーをたたくと症状は治まり、HDDからシステムが立ち上がります。

 山の小屋でスタンドアローンで使っていた、XPの入ったパソコンです。以前、何台か安く中古で買って修理し、使えるようにしたものの1台です。タクトスイッチの交換やOSの入れかえ程度の修理で、ほとんどが正常に動いて活躍しています。本体というより、キーボードの接触かなぁという感じです。とりあえず持ち帰って診察です。『ダメなら、他の中古パソコンに代えてしまえばいいし、キーボードの中古もあるので、そちらでまかなっていい』、とにかく骨までしゃぶって使い倒すつもりです。

 キーボードをはずすところまでは、ドライバーがいらないという、今では信じられないようなNECのノートです。しばらく面倒見ていなかったから、結構ゴミが入っています。埃がたまってスポンジ状になるくらいのファンの力ですから、キーボードあたりからも空気を吸っているのでしょう。それにここでパンを食べたりしているしなぁ。

 はずしたキーボードをトントンと床でたたいてみると、細かなゴミがたくさん落ちてきました。ほんとは、キーを全部はずして接点を綺麗にしたいところですが、キーを取り付けるのがめちゃくちゃ大変なので、今回はこれで様子を見ました。異常なく立ち上がり、Hamlog入力も正常です。とりあえずこれでいいかな。キーボードの上でカレーパンやメロンパンなどを食べるのは、今後ひかえないといけません。

Dsc_3220

キーボードのキーの簡単な取り付け方のコツを知っている方、ぜひ教えてください。

JF1JDGさん、こんにちは

JDGさん、コメント、ありがとうございます。ちょっと長くなりましたので、本文にコメントです。

 JDGさんのように余裕で早々とゴールは、ほんと感心しています。2020 A1CLUB CW Olympic Games フルマラソン部門の順位表を見ましたら、4/26に完成で4位じゃないですか。すごいです!!私なんぞ、。息を切らしながら、へとへと状態でのゴールです。とりまとめ役のJR0DIL(GORI)新井さんに報告しましたら、13位とのこと。ゴールできただけで、良しとしています。

 JR0DIL局からは、フルマラソンの上を行くウルトラCWマラソン(ウルトラCW)の提案があるようです。今年の12月20日までの交信局数を報告とのことでした。『どこまで走らせるのですか!?』と返信しておきました。

>毎日 7メガや50メガに載っていましたね
 A1CのRB NETでしょうか、なるべく目立たないように電波を出しているのですが、最近は、RBがあちこちで見張っているので、私のヘボなCWも解読されてしまうようです。出力を落として地下活動するようです(笑)

 18MHzと24MHzですね。私のウィークポイントです。この2つのバンドだけ専用のアンテナがありません。3.5のDPに強引にカップラーでのせています。144,430MHzにも、進出予定です。あちこちでないとA1CCのポイントが増えていきません (T_T)。

 横浜コンテストは、毎年楽しみにしています。ただし朝起きられたらの話です。さすがに小田原から28MHzで横浜全域をカバーするのはむずかしくて、信号の弱い局は、とれません。毎年、マルチを1つ2つ落とします。


続きを読む "JF1JDGさん、こんにちは" »

2020年7月 6日 (月)

2020 A1CLUB CW Olympic Games フルマラソン部門 達成

 1月1日の 2020 A1CLUB CW Olympic Gamesスタートから半年、ようやく電信で2020交信を越えました。昨日は、6m&ダウンのコンテストがありましたが、参加することができず、夕方から10MHzでCQを出し始めました。40局ほど交信しました。みなさん、ありがとうございます。A1CCポイントが4つも増えました。半年間で、電信2020交信は、開局以来の快挙です。イベントを立ち上げてくださった JR0DIL@山奥村ゴリ さんに感謝です。昨夜、申請しましたらJR0DIL局より「13人目ですよ」と返信をいただきました。

 昨日のように2時間もパドルをたたいていると、自分の手とは思えないほど快調に動きます。正確な符号になっているだろうか、字間、語間は、どうだろうか、速く打ちすぎていないだろうかと思いながら打っています。2アマまでは送信の実技試験を受けました。試験の採点項目の中に『品位』というのが大きなウェイトを占めていました。当時は、ローカル局と練習しながら「『品位』とはなんぞや」とよく話し合っていました。今、それが痛いほど感じられます。

 フルマラソン部門に到達して、少し目標がなくなった感じがしますが、今まで、JCCなどの申請を全くしていません。KCJのアワードも楽しそうですし、のんびりと追いかけようかなと思います。ジャンク物置で半田ごてを握る時間も少なかったので、そちらにも。

Ws000060

 CW率94%というと、電信ばかりやっているようですが、残りの6%の時間がとても長いです。50MHzやその他のバンドで、長話をして楽しんでいます。他のモードにも関心はあります。かつてSSTVやFAXにものめり込んでいました。パソコンで制御する前のスキャンコンバータ(SC)を自作したり、PANA3000などを改造する時代です。毎夜、テスト送信したり、時には夜中に部品交換したりしていました。それも楽しかったなぁ。狭帯域のデータ通信もいいですが、せっかく山の上で電波を出しているので、パソコンに向かって交信という気には今のところなっていません。

2020年7月 3日 (金)

1.8-1.9MHz帯の新バンドプラン

 JARLニュースとともに新パンドプラン一覧表が送られてきました。1.9MHzは、広くなりましたね。なによりうれしかったのは、1.9075MHz~1.9125MHzの中から狭帯域のデータ通信が実質いなくなったことです。今までは海外とのスプリットをとっていたようで、バンド内に広がって実に見苦しい状態でした。それがクリアーになりましたから、以前の静かな電信の世界に戻りました。
Band-plan-2020_0701007

 1.800MHz~1.830MHzまでがCWなんですね。SSBは、1.845MHz~1.875MHzの30KHz、いいところかなぁと思います。そんなにバンド広くとってもこの周波数帯だと、ダイポールでも、SWR1.5以下の範囲は30KHz程度ですから、妥当なところだと思います。時々、キロワットクラスと思われるDXを呼ぶ局が聞こえてきますが、たくさんのスプリアスを連れて出てきます。神奈川は三浦の監視局がありますから、あまりいい印象を持たれないでしょうね。

1.9MHzのDPが、久しぶりに破損

 しばらく破損がなかった1.9MHzのDPが、一昨日の雨と強い風で、南側半分が、たるんでいました。以前のようにワイヤーが切れたり巻きついたりしていませんでしたから、端の方がはずれたか、または断線かなとおもいました。野菜の世話もありましたし、雨もありましたから、昨日(木曜日)に修理しました。ワイヤーの断線ではなく、滑車を通してワイヤーを引いているロープが切れていました。ポリエチレンロープで、軽くて耐候性・耐水性があるロープで、今まで切れたことはなかったのですが、伸びてきたクヌギの枝にこすれて熱を持ったようです。強風で枝がこすれて山火事になることもあるくらいですから、熱に弱いポリエステルが切れたようです。滑車からもはずれてしまい、ポールを縮めて滑車を下ろして修理しました。風もありましたのでポールを縮めたり伸ばしたりするのも一苦労しました。とりあえず枝などに掛からないように張り直して、枝払いは後日することにしました。

Dsc_3215-1_9mhzdp
畑の南のはずれの高さ8mのポールの頂部に滑車があり、ワイヤーを引いています。破損から2日目で復活しました。早速CQを出して何局かと交信しました。

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック