« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月の投稿

2020年2月28日 (金)

パッチンコアで、回り込みが止まった!!

 先日、自宅の無線機からRS232Cでデータを取り出しHamLogに周波数やモードなど自動で入力できるようになりましたが、7MHzだけ、回り込みを起こすようで、データ入力が止まります。はて?久しぶりの回り込み、どうしようかと手持ちのノイズフィルター付き電源ケーブルに代えたりしましたが、変化ありません。
 しかたなくパッチンコア10個入りを注文、取り付けてみました。はじめ、電源やRS232Cケーブルのソケット周辺に1個ずつ取り付けました。全く変化ありません。ネットで調べてみると疑わしいところに複数個、中には30個もつけて止めたなんて例も出ています。疑わしいRS232Cケーブルに取り付けるパッチンコアの数を少しずつ増やしてみました。すると、5個取り付けたところで、回り込みがなくなりました。
念のため残りもつけておきました。これで快適なデータ入力ができるようになりました。

Dsc_2878 

2020年2月26日 (水)

久しぶりに1.9MHzで、CQ

 みかんの出荷も最終盤です。夕方、無線小屋のある畑に行きました。私は、ハッサクが大好きで1本自宅用に植えてあります。今シーズンは、ずっと収穫しないでいたのですが、日が暮れるまでになんとか全部収穫を終えました。コンテナに1杯分、さすがにこんなには食べきれません。少し熟成させて半分くらいは売りに出そうと思います。
 ハッサクの隣に『清見』という品種の木を植えてあり、今年初めて実をつけました。20個ほどしかとれませんでしたが、みかんというより、ほとんどオレンジという味でした。

Dsc_2875

 さて、少し時間がありましたので、久しぶりに山で無線をしました。1.9MHz帯でCQを出してみました。次々と呼ばれるのですが、QSBを伴っていたり、信号が弱かったりで、みなさんの迷惑かけてしまいました。<(_ _)>、10局交信したところで CL しました。無線した気分を味わいました。

Dsc_2123

2020年2月12日 (水)

歯医者さんに行こう (*^▽^*)

 20年ほど歯医者さんに行ったことがなく、行くのが怖かったのですが、昨年11月末、右奥の歯の一部が欠けました。痛くはなかったのですが、歯医者さんに行くことにしました。歯医者さん曰く、『原因はむし歯です!!』一喝され、それから3ヶ月、毎週1回ずつの歯医者さん通いがはじまりました。
 歯石とり、歯磨き指導、むし歯治療。ようやく今日、一通りのことが終わりました。これからは定期検診を4ヶ月に1度ずつ受けることにしました。
 歯医者さんは、痛い、高額、何回も通う・・・そんなマイナスイメージばかりでしたが、今は、そんなことはなかったです。定期検診は数百円ですむようですし、歯磨きの意識もずいぶん変わりました。

 今日は、歯医者さんの受付のお姉さんからバレンタインのチョコをいただいて、帰りました。もちろん糖質ゼロのキシリトール入りチョコです。

Photo_20200212184101

2020年2月11日 (火)

1月の交信

 NYPのおかげで200局を越えました。A1Cのショートトラック部門はなんとかクリアーしたものの、その後が失速です。2月は、11日現在29です。山の無線小屋からのQRVがほとんどありません。まずい!!

1_20200211082601

無線機から周波数やモードのデータを取得

 山の小屋が固定局の設置場所、自宅が移動局の常置場所になっています。中古の無線機と3.5/7MHzのワイヤーダイポールがはってあります。時々、自宅からも電波を出すのですが、この時期、朝から夜まで家業のみかん出荷に追われています。追い打ちかけるようにイノシシがわなにかかります。加えて、星の講座や観察会の数が多い! そんな言い訳で、無線をさぼり気味です(^_^)。

 とはいえ根っから無線は好きですので、いろいろいじり回しています。昨日、RS232Cのクロスケーブルが到着しました。自宅にあるJST-145は、シリアルデータの出力があるので、そこからUSBに変換してHamLOGの入力windowに周波数やモードを送るようにしました。昔の機械ですから、こんな面倒なことしなくてはいけません。こうしておくとHamLOGの入力は、コールのあとは、エンターキーと矢印キーでポンポンポンといきます。残りは、名前とRemarksだけで楽になります。VFOを回すとちょっと反応が遅いですが、実用上問題ありません。山の無線機は以前から同じシステムでしたが、自宅ではネット環境がありますから、QTHは,コールを入れると免許ゲットが働いて総務省のHPからデータを読み込みます。さらにリバースビーコンで、誰がどこの周波数に出ているか、自分の電波がどこまで届いているのか、一目瞭然。ただ、今のところパソコンの画面は,1画面モードにしてあるので、画面は、windowだらけです(^_^)
 無線しているのか、パソコン見ているのか、わからなくなります。やっぱりVFOダイヤルに微妙に手をかけ、ノイズの中から浮き沈みする微弱な信号をベッドフォンで研ぎ澄まして聴き、電鍵をたたく・・・・それがいいんですよね。

Dsc_2870

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック