« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月の投稿

2019年7月31日 (水)

イノシシ1匹処分、

 畑で作業をしようとしていたら、近くの山の畑からイノシシ捕獲の連絡、すぐに駆けつけました。とにかくここ1ヶ月ほどの山の荒らされ方は尋常ではありません。畑の柵が壊されかけたところも何カ所かありますし、被害も出始めています。くくり罠にかかって雑木に絡まりついていました。集まった4人の怒りは、ただ者ではありませんから、鉄パイプとすきぐわで処分しました。先日5-6頭いましたから、まだまだ、氷山の一角です。
 ワイヤーメッシュの柵を拡充しました。最近は、柵の中にカボチャなど見えるだけで柵を壊そうとします。食べ物が少なくなっているのでしょうか。こういう時は、囲いの罠で1度に数匹というパターンもあるのですが、なかなか思うようにはいきません。周辺の民家の軒先まで出没しているとのこと。猟犬を入れて一気にやらない、いけないのでは。
Dsc_2238


人気ブログランキングへ

行けっ!自作ワイヤーダイポール!

 全福島マラソンQSOは最終日、今日も暑くなりそうです。オクラやインゲン豆、キュウリの収穫のあと、草刈りやイノシシよけの柵の設置・・・やることはたくさんあるのですが、野菜の収穫以外は、暑くてどうにもならないときは来月まわしです。
 夕方からは無線をします。ここ1週間大活躍の1.9MHzのフルサイズダイポール、メインの支柱は竹竿、そろそろ交換時期です。バランも20年以上前の中古品、さらにワイヤーは、継ぎ足しのIV撚り線、ここしばらく台風などに耐えてきましたが、そろそろ交換できるものは交換、メンテナンスしないといけません。

Dsc_2241

人気ブログランキングへ

全福島マラソンQSO

 1.9MHz帯で参加しているので、毎日、農作業のあと、山の畑の作業小屋に残ってお茶を飲みながら、CQ CQ・・・しています。今日が最終日、AI Clubのみなさんからの応援の呼出も受けながら、今日が7日目の最終日。(27日(土)は都合ででられませんでしたから6日目です)もうここまで来たら、勢いで走りきるしかないです。日数のマルチは、今のところ5。今日マルチがとれると6になります。あとは交信局数です。外の夜風は涼しいのですが、山の畑の作業小屋は扇風機しかありません。
Dsc_2255
Dsc_2253

2019年7月29日 (月)

イノシシ対策

 ここ1ヶ月ほどの間、山のあちこちが掘り返されています。イノシシの餌が不足する時期なんでしょうか。狭い農道が通れなくなるほど法面が崩されたり、畑が荒らされたりします。先日は、夕方農道で5-6匹のイノシシの子どもの群れに遭遇、その晩は畑を荒らされました。これ以上被害が出ると、農作業への意欲もなくなります。罠は、フル活用して、被害額は、イノシシに体で支払ってもらうつもりです。それにしても罠にかからない、今月2匹のみです。箱根や丹沢山系から離れているので、かつてイノシシはいなかった里山です。地つきのタヌキがサツマイモをかじるくらいの平和な山がここ数年で一変しました。  鉄のメッシュ柵を増設することにしました。農協に相談すると、私の場合、市の農政課と農協から補助金を受けて設置できるとのことですが、申請から助成金が下りるまで1ヶ月かかるとのこと。『1ヶ月待っていたら、畑は全滅しちゃうよ!!』というわけで申請はするにして、昨日から、自腹でメッシュ柵を買い、柵の延長作業を開始しました。100メートル延長させるだけで3万円は、かかります。イノシシ5頭ほど捕獲しないと元が取れません。畑を囲むとイノシシは餌が減り、住宅地に下りることも増えてしまいます。山に人が入らなくなったり、耕作放棄地が増えたりしてイノシシの住処になっているようです。早急に手を打たないとさらに深刻な人的被害が出てしまいそうです。先日80キロ級のメスのイノシシがかかりましたが、罠の鉄柵が曲がるほどの強さでかみついていました。猟師さんの話では、メスは激しくかみついてくるとのことでした。

全福島マラソンQSOに参加中

 今年は、梅雨が長い気がします。6月7日からもう1ヶ月半以上、そろそろ梅雨明けでしょうか。幸い、大雨の被害はありませんでしたが、日照不足で野菜の育ちが今ひとつです。夕方には作業を終えて山の作業小屋に戻れるので、全福島マラソンQSOに1.9MHzで参加することにしました。
 今日は、全福島マラソンQSOの5日目。とにかく毎夕方から夜にかけて、1.9MHz帯を聴くようにしています。土曜日は、仲間と会う約束がありましたので、お休みしました。今のところマルチ3、今夜はどうでしょうか。昨夜は日曜日ということもあり、3時間ほどで20局と交信しました。特に福島の局をねらって交信するわけではなく、いつも通りの交信です。それでも、全福島マラソンQSOに参加していますから、CQも出してみました。参加することで、アクティビティ(やる気・元気)が、少し上がります。いつもなら空振りが多いのですが、次々と呼ばれて、うれしい悲鳴でした。ひっそり、アマチュアバンドの端っこでやっているつもりでしたが、ローカル局が聞きつけて、呼出をしてくれました。

1r92
 

2019年7月21日 (日)

電通大コンテストに参加しました

 最近、コンテストに参加することが多くなりました。コンテストログソフトで簡単に電子ログが提出できることが1番の要因です。相変わらずコンテスト中はハムログですから、重複交信チェックは、コンテストログのように警告はしてくれませんが、過去の交信が表示されますから、昔のように記憶に頼ったり、ログ帳をひっくり返したりはしなくてすみます。電通大コンテストは、3時間です。無線機の前に3時間座るのは私の限界のようです。夕飯も食べずに20時まで、好きでやっているのでおなかは空きませんが、終盤ぼっーとなりました。

 コンテストナンバーに都道府県番号に加えて従事者免許資格や電通大関係者の符号を送るのですが、驚いたことに、大部分の参加者が1級アマチュア無線技士、電通大関係者だったことです。そういう私も1アマですが、従事者免許の数の比は、1アマは、アマチュア全体の1%にも満たないはずですが、この現象は何を物語っているのでしょうか。

 何はともあれ3時間の楽しいコンテストは終わりました。今朝、ログを提出しました。提出前にCTEST-WINから出力されたログを見ると『あれっ!!重複はないはずですが、・・?』、得点ゼロがあります。よく見ると北海道の3桁の振興局ナンバーが重複と判断されているようでした。もう一度、HAMLOGからのデータをインポートしなおしてみたら直りました。(?)原因不明ですが、気をつけないといけません。

1_20190721053401
【多くの人が、1アマ(H)や電通大関係(UEC)だぁ!】

 コンテスト中に多くの知り合いの人に会いました。ブログでお世話になっている人、A1-CLUBのメンバーの方々、電信なのでまともなご挨拶もできず申し訳なかったですが、コンテスト中にもかかわらず、「GE」「CU AGN」「TU TU 73」・・などコンテストではとびださいない言葉に、ちょっとした思いを感じました。以心伝心というやつですね。


2019年7月18日 (木)

締め切りすぎないうちに。コンテストログを提出

 コンテストの上位をねらって計画的に作戦立てて、そして、しゃかりきにがんばる、なんてことはやらない、ぐうたらな私です。それでも、時間の許す限り、集中力の続く限り、参加して楽しむことにしています。それでもって結果表の下の方に名前が出たり、たまに入賞証が送られてきたりすると、ニヤッて喜んだりしています。
 そのためには、サマリーシートやログシートを期限までに提出しなくてはいけません。最近は、ほとんどのコンテスト事務局では集計を自動でしていますから、ログ提出しないと交信した相手の得点に関わることも多くなりました。そんなわけで、自分だけ楽しんで、みなさんに迷惑をかけるようなことがあってはなりません。
 JA8コンテスト、6m&Down、オール横浜コンテスト、エスカルゴ6mCWコンテストなど、まとめてログ提出しました。受理されると、ちゃんと返信メールが届くのもありがたいです。今回、返信メールの到着時間に差があることに気づきました。

 ・エスカルゴ6mCWは、紙ログ郵送なので別として
 ・JA8コンテスト 専用ホームページより、提出と同時に返信
 ・6m&Down  JARLより、ほぼ提出と同時に返信
 ・オール横浜コンテスト 提出の6時間後

 オール横浜コンテストについては、数時間たっても返信がなかったので、うまく送信できなかったかなと思い、メーラー内を調べましたが、送信済みになっています。勇み足で、再送信しましたら、すぐそのあと、受領確認と受付番号が送られてきました。一通ずつ確認されているようでした。あわててしまい、すみませんでした。

 私は、フリーソフトの『CTEST-WIN』を使いこなせていません。縦ぶれでもパドルでも、とにかく電鍵を操作して電信を打とうというこだわりで、データはいつも通りHamLogに入れ、あとからデータをCQ-TESTにインポートして電子申請しています。こんな面倒なことでも、『便利だなぁ』と感じています。「こうすればいいよ」という方法があったら教えてください。

 IARU HF ワールドチャンピオンシップにも、少しだけ電信で呼びました。ログ提出は、終了後5日以内。ぎりぎり受けつけてもらえました。初めてのARRLへの提出です。

 今週末もコンテストが多いですね。しかも重なっている時間帯もあります。こういう重なりは、どこかで調整できないものでしょうか。雨が降ってなければ、畑仕事もしなくてはいけないし、山の小屋は暑そうだし、・・・気力とやる気が課題です。


1

オレンジ色のムーンロード

 梅雨の合間の久しぶりの青空で、山の畑の倉庫の補修作業をしました。19時過ぎ、昇った満月が相模湾にオレンジ色のムーンロードを作っていました。ここ1週間ほど、イノシシの活動が活発で、細い農道がふさがるほど法面を掘り返していたりします。暗い中、長い時間月を眺めてイノシシと遭遇してもまずいので、ほどほどにして山を下りました。

Photo_20190718041501

2019年7月16日 (火)

横浜コンテスト と エスカルゴCWコンテストに参加

 3連休最終日、天気もよくなく農作業もままならない1日でした。横浜コンテストとエスカルゴCWコンテストに参加しました。
 早朝の横浜コンテストは、さすがにつらかったです。2時間、電信のみの呼びまわりをしました。市外局ですから、電信・電話部門しかないのですが、どうも電話でコンテストというのは嫌ってしまいます。そのあたり、自己改革していかないといけないです。Hi。小田原からでも、横浜は50km圏内ですから、十分に楽しめました。2時間くらいしか集中力の続かない私にはちょうどいいようです。今年も、全区交信にひとつ足りませんでした。

 エスカルゴCWコンテストは、呼びまわりで1時間、CQを1時間出しました。久しぶりの縦振り電鍵で力が入りうまく打てません。30分ほどしてようやく腕や肩の力が抜け、楽しく運用できました。縦振れにこだわるコンテストの考えは個性的でとてもいいのですが、サマリーやログは紙のみとか、問い合わせは往復はがきでとか、前々時代的なことでは、先が見えてしまいます。『C-TEST-WIN』でも、エスカルゴCWに対応しているようですから検討していただきたいものです。そういえば、コンテストの説明の中も何となく昭和から来たようなこと書いてありましたし、旧仮名遣いには閉口しました。

Dsc_2183

2019年7月 4日 (木)

木イチゴがなり始めました。

 九州南部が、記録的な大雨とのニュースが連日流れていますが、幸い南関東のはずれ小田原辺りは、箱根や伊豆の峰々に守られているのか、西からやってくる雨が弱まることが多いです。梅雨に入ってから、ゆるやかな雨は降り貯水槽は満水に近くなりますが、昼は刈り払い機での農作業ができてしまいます。
 山の畑のすみに軽トラを停めるのですが、そこに木イチゴがつきはじめました。子どもの頃は、山遊びしながらよく食べました。

Dsc_2104

2019年7月 2日 (火)

6SA7(6BE6)単球コンバーターのコイル作りと調整

 6SA7を使った単球のコンバーターを5球スーパーの前段につけて、3~9MHzを聴いています。さらにクリスタルコンバーターを付け加えて、9MHz帯~23MHz帯を5個の水晶を切換えながら、この単球コンバーターに落として聴いています。  コンバーターのOSCコイルとANTコイルは、プラグインボビンを使っているので受信周波数帯を切り替えられるようになっています。今回、6MHzから16MHzを聴くようなコイルを作りました。6MHzと7MHz帯の放送バンドをより同調しやすくするのと、50MHzのクリコンを作り直して7MHz帯に落とそうと計画しています。(43MHzの水晶が、ジャンク箱の中から見つかりましたので)  コイルを作り加えると、トラッキングの関係で、パディングコンデンサーを切り替えて2組のコイルの調整をとるようかなと思っていましたが、近い周波数帯のためか、ANTコイルに並列に入れたトリマーだけを受信時に少し調整するだけでなんとかなりました。  6MHz帯、7MHz帯の放送にしばらく聴き入ってしまいました。7MHz帯のアマチュアバンドの国内がまだ開けていましたので、SSGの信号をBFO代わりに入れてみるとCWやSSBも聞こえてきました。BFOを微妙に調整して聴くCWやSSBは、いかにもアマチュアらしくていいです。  単球ですから少しゲインが不足しているかなと思います。今、6BA6を使って短波帯のプリセレクターというか1段高周波増幅を作っています。 Dsc_2134

続きを読む "6SA7(6BE6)単球コンバーターのコイル作りと調整" »

2019年7月 1日 (月)

6月の交信局数

 梅雨に入って、雨が続き、たくさん無線ができるかなと思っていましたが、雨の降らない日もあり、無線小屋でのんびりする時間が少なかったです。それでもなんとか交信局数は、200局をこえました。神奈川コンテストにも参加しましたが、わずかな時間での参加でした。電信でCQを出すことが多くありました。できる限り 599BKでなく、ラバースタンプQSOになるように心がけました。 K_screen-shot000449

拡張子の表示(備忘録)

 拡張子を書き換えようとしたら、いつの間にか拡張子がファイル名とともに表示されていません。今までは簡単にできたのに!? というわけで、拡張子表示の備忘録です。 K_screen-shot000448_20190701080301

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック