« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月の投稿

2017年12月31日 (日)

年内駆け込み移動(南足柄市 #1118)

 今年も、ほとんど移動運用をしていませんでした。A1 Club のa1aaのランキングにエントリーしているのですが、移動運用部門ではなんと38人中 38番!
 こりゃいかん(^0^;)
というわけで、年内の駆け込みの移動で、最下位脱出をはかりました。ついでにQRP運用してQRP部門でもランクを上げようという虫のいい魂胆です。午後から、みかんの出荷作業は、年末休み(休憩)と勝手に決めてアンテナや無線機を積み込み、のんびりドライブして足柄峠に向かいました。途中みなさん年末でお忙しそうでしたが、私の気分はウキウキです。
 足柄峠から少し箱根の金時山に向けて林道を走り、いつもの場所に到着。標高約900メートル。静かな雑木林の脇です。久しぶりの移動だったので忘れ物が多い、まず、飲み物がない!途中で買おうとしたらお財布がない!発電機はあるのに照明がない!移動運用確認表をまた作らないといけません。
 到着したのが15時半、暗くなる前に運用しないと手元が暗くなると、少し焦りました。FT-625Dですから、50MHzのみの運用です。アンテナは、4メートルの高さにスクエアーアロー(ループアンテナ)です。年末30日の午後で、みなさんおいそがしいとあって、バンド内は数組がQSOしているのみでした。ちゃっかりQRP 5Wの電信で10局と交信し、これで最下位脱出かなと、ひと安心しました。『JO1DGE局は、移動運用もするのですか。』と言われてしまいましたが、移動局の免許も一応取ってあります。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


無線小屋の夜明け

 久しぶりに朝、畑の小屋で無線をしました。とても綺麗な朝焼けや日の出に心奪われて眺めていました。気持ちいい空気です。ローバンドは、さすがにダイポールではちょっと心もとなかったです、EM9とCWで1局つながりました。

イメージ 1

2017年12月29日 (金)

パドルのレバーが曲がっている!!

 30年近く前に初めて買ったパドル。ちょっと無理してピカピカのかっこいい JA-2にしました。半年ぶりくらいに机の一番手前に置いて再び使いはじめました。
 とても軽いタッチで私には合っていると思い込んでいました。動画に撮ってみると打ち方の邪道さがよくわかります。軽く触るくらいで十分なはずですが、緊張して強くたたいていますし、無駄で大きな動きで打鍵しています。動画を撮って改善していきたいと思います。
 今までずっとこんな感じで、強く打鍵していたと思います。はじめた頃は緊張のあまりもっと強く打っていたと思います。パドルのレバーが少し内側に曲がって間隔が狭くなっていました。とりあえずレバーをはずし、丈夫な金属の腕を曲げを戻すように少し力を入れてみました。かろうじて広がって感じもあります。よごれもありますし、1度自宅に持ち帰って分解清掃や調整をしてみようと思います。


イメージ 1


式根島よりJR0UIU/1の信号と呼び出し



 式根島にようやく着いたJR0UIU/1(JH1QMX)からの信号が夕方から夜にかけて3.5MHzと1.9MHZで聞こえました。早速呼び出してみました。応答ありがとうございます。明日は、神津島ですね。私は、神津島村は、全バンド通じてCfmしていません。楽しみにしています。




2017年12月27日 (水)

伊豆の島巡り運用のJH1QMXを勝手に応援してます     \(^_^ )

 利島、大島、式根島、神津島と島巡り運用しているJH1QMX局を勝手に応援しています。といっても何もできないのですが。今日は、運よければ、利島から大島にヘリで渡っているはず。夕方ですが、1.9MHz,3.5MHz,7MHz,10MHzと50MHzの電信聴いています。小田原の海は白波が立っていますが、風は昨日ほどは強くないです。


イメージ 1


大島と利島は、だいたい毎日見えています。式根島は標高がないので、こちらでももう少し高いところに行かないと見えません。天気がさらにいいと、利島の右に新島と神津島が見えます。

中波、冬はこんな聞こえ方するんだなぁ

 無線機のメモリーにいくつか放送局などが記憶させてあります。周波数に合わせてリレーでアンテナも切り替えてくれるので便利です。東京マーチス1665KHzを入れてみました。アンテナは、1.9MHz用のダイポールです。秋よりずっと明瞭に聞こえます。今日だけのことかもしれませんが、名古屋のハーバーレーダーと重なっていますが、ばっちり聞き取れます。秋のころは、名古屋のハーバーレーダーが強くて、比較的近い三浦半島の東京マーチスが聴きづらかったのですが、ずいぶん違います。搬送波つきの片側側波帯なので、USBの1663.5KHzで聴くと聞きやすくなります。

 他にもKBSワールドラジオの6MHz帯と7MHz帯の同時放送の周波数が入っていて、聴き比べるとおもしろいです。ただビームアンテナを回しているようなので、単純な比較はできないようですが、空の様子を見るにはいいです。

イメージ 1

今日は、JA-2 BencherでON AIR

 無線小屋(野菜貯蔵庫・農機具置き場兼作業場なんですが)の補強作業中で無線機のまわりもごちゃごちゃしています。作業といっても職人さんがやるわけでなく、私がのんびり暇みてしているので、なかなか進みません。無線機に埃がかからないように、布きれをかけての作業です。
 日が暮れる頃は、ストーブつけて無線機の電源を入れています。キーコレクターでもないのに、いつの間にか机の上にパドルと縦振れキーがあわせて5つも並んでいます。並列につないであるのでどのキーも使えるのですが、木で挟んで固定していますから、使いやすいところあるのは1台だけ、というわけで今日はいつものBlonde Jennyではなく、JA-2です。とても軽いタッチです。好みもあるのでしょうが、私は好きです。

 伊豆の島を巡っている局が利島にいるということですので、1.9MHz~3.5MHzの電信を聴きながら待つことにしました。結局、強風で運用はおろか移動もできないとのことが、Blogに書かれていました。3.5MHz電信で数局つないでいただき、後はゆっくり暖まりながらお茶を飲んで聴いていました。今日は、OverSeaの局の信号は弱く、QSBとノイズにもまれ、私には対処できませんでした。

イメージ 1



2017年12月25日 (月)

中波放送のQSB

 台所で中波放送をよく聴きます。神奈川の南西部に住んでいますから、埼玉のNHK菖蒲久喜ラジオ放送所は、少し遠いです。冬の夜のNHKの中波は、信号強度がずいぶんと変わります。信号がある程度強いときは問題ないのですが、ノイズレベルに近づくこともあります。安いラジカセだからなのか、そのくらいに信号が弱まると必要以上にAGC?が効いて雑音まで大きくして聞きづらくなります。
 五球スーパーのSメーターは、信号が揺れる様子を手に取るようになめらかに教えてくれます。そして、信号がノイズレベルに近づくとそれ以上は、AGCは効かなくなり、音声がやや小さくなります。ノイズまで増幅して強引に信号を強めようとはしません。はじめは、古い真空管を使っているからいよいよぼけてきたかなと思ったのですが、AGC電圧を見ていると見事にその様子がわかります。先人たちは、中間周波から最適な回路定数で、AGC電圧を作り出し前段に戻したものだと感心します。ほんとうにこごちよく放送を聴けます。

イメージ 1

 ジャンクのSメーター(確か500μAだったかなぁ)がなめらかに動いて、こごちよいです。

真空管販売店ではありません (^^ )

 昭和30年代に田舎の雑貨店だった実家は、店や物置の壁に、琺瑯の看板が何枚が釘で打ち付けてありました。真空管販売店の看板は、何年か前にオークションで安く見つけ懐かしさでポチってしまいました。納屋の工作部屋のすみにかけてあります。真空管ラジオ聴きながら眺めています。白箱ばかりの真空管は、昭和の時代に不燃物の山の中から拾ったものです。メーカーの箱に入ったものもあるのですが、それは今のところ段ボール箱に入ったままです。棚に並べてラジオ店・真空管販売店のまねごとしてみたいなんて思ったりします。

イメージ 1




2017年12月24日 (日)

クリスマスは、真空管ラジオで

 クリスマスが近づき、ラジオからクリスマスソングがたくさん聴けるときです。この時期、夜は自作真空管ラジオのスイッチを入れます。6WC5-6D6-6ZDH3A-42-80というST管の五球スーパーです。それに手前は少し使い込んだ12AU7をAGC電圧を使ってブリッジ回路でSメーターを振らせています。マジックアイは、AGC電圧から直接つないだおきまりの回路です。もったいないので、ソケットで接続してあるので普段は抜いて、AGCやヒーターを切ります。
 久しぷりにつけたらNHK第一の辺りの感度がやや落ちています。高い周波数はばっちりのようです。トラッキングが少しずれたようです。調整したらばっちりになったんですが、どうも調整がぎこちなく、すっなりできませんでした。バリコンに付いている二つのトリマーがねじを締めても緩めても、値を大きく変えてくれません。トリマーの羽が劣化して元気に戻ったり縮んだりしなくなっています。それでトラッキングが今ひとつぎこちなかったようです。時間ができたら、なおしてやるようです。
 それにしてもうっとりする音です。出力管は、でっかい42を使っています。トラッキングは、味気のないサイン波で変調されたSSGからの信号でなく、下は、594kHz NHKの『ラジオ深夜便』、上は、1485kHz ラジオニッポンのジャズ番組です。
どちらもうっとりさせられます。
 この五球スーパーを親機にして、単球コンバーターで3.4MHz~8MHzくらいまでを、さらにそれにクリスタルコンバーターで水晶を切り替えながら9MHz~21MHzくらいまでを聞けるようにしています。
 安い周波数カウンターモジュールが出回っているようですから、それをつけてデジタルで周波数表示をなんて考えていますが、つけてノイズでも入ったら嫌だなと躊躇しています。
 このむき出し感が好きです。周波数表示板にランプが2つつくんですが、画像では消しています。換えランプが数少なくて、スイッチで切って節約してます (^^ゞ

イメージ 1

2017年12月22日 (金)

CQの応答と呼び出しで、アワード

『CQの応答と呼び出しでアワード』CQhamradio主催で、1月1日から始まるようです。昔だったらあり得ないアワードですが、バント内を私のように電波も出さずに聴いている人を奮い起こして、バンド内をにぎやかにしようというねらいですね。賛成!参加しますかつては、『電波出す前にまずワッチ』でしたが、もちろんその言葉は今も生きていますが、『電波も出さずにずっとワッチ』の私に投げかけられたアワードのようで、踊らされたと思って受けて立つことにします。

イメージ 1

1.9MHzでCQを出してみました

 我が家では、収穫したみかんを業者に出荷しないで、自宅前で販売したり、箱詰めで各地へ発送したりするので、この時期は、無線機の前に座る時間がとれません。夕方、山の貯蔵庫に行く用事がありましたから、そのあと20時近くまで貯蔵庫兼無線小屋でくつろぎました。
 せっかく1.9MHzのアンテナを張ったので、呼び出しばかり出なく、CQを出してみました。いつもはお茶を飲みながら、ローバンドを聴いていて、時々呼び出しをしています。1.9MHzの狭いバンドは時々信号が聞こえるのですが、静かです。でもCQを出すとみなさん呼んでくれるので楽しいです。ただ私のたどたどしいCWでご迷惑おかけします。1.9MHzでCQを出すと、結構呼ばれ続けます。集中力と気力のない私は、4~5局と交信するとすぐに CL を打ってしまいます。1.9MHzは、みなさんどんなアンテナを苦労されて作られ電波を出しているのか、想像しながら交信しています。
イメージ 1

 昭和の時代に買った誠文堂新光社の『アマチュア無線運用マニュアル』など見ながら、山の小屋で暖まりながらのくつろぎのひとときです。ただし、発電機は600watts、電信で出力100watts以上を出すと照明がちらつきますから、控えめな出力でです。さらにイノシシが出る場所ですから、サイドトーンは大きめに、外に明かりを少し漏らせて・・・、まあ、柵に囲まれていますし、発電機をばたばたやってますし、最近は、いたるところに罠にたくさんあってイノシシにはとても暮らしにくい山になりました。

イメージ 2



2017年12月20日 (水)

CQ誌1月号 Ham Note Book 2018付き

 毎年CQ誌の1月号は欠かさず買います。お目当ては Ham Note Bookです。カレンダー以外は、エンティティーもJCCやJCG、バンドプランも大きく変わるわけではありませんが、このサイズの手帳が1冊机にあるととても便利です。昨年のものも一昨年のものも、山の無線小屋の机に1冊、納屋の机に1冊とあります。ページにタックをつけてすぐに調べたいことが出るようにしてあります。今年の表紙は、807じゃないですか。いいですねぇ~。金属蒸着で『807』と印刷されていて、たまらないです。この文字の印刷や八角形の枠など見ただけでどこのメーカーのものかすぐにわかる人もいるくらいです。戦後のアマチュア無線再開期の頃から盛んに使われた伝説の真空管ですよね。表紙のものはRCAのタイトベースの807のようです。
イメージ 1

マウス交換

 マウスのホイールが具合よくない、ホイールを回すと逆方向に動いてから動かしたい方向に行ったり、突然カーソルが飛んだり・・・。埃が入ってセンサーが誤動作しているなぁと思い分解して清掃してみました。多少の改善は見られたものの、マウスの修理に時間かけるのも嫌でしたので買い換えしました(昔からマウスは消耗品と割り切っています)。これが無線機だったら回路図を調べ測定機あてて徹底的に調べ修理するのに、パソコンには、それほどのこだわりはありません。量販店で見てみると数百円から並んでいました。センサーの方式の違いや接続方法の違いなどありますが、大きな違いはないようです。赤外線を使ったワイヤレスは以前ひどい目に遭ったのでやめて、赤外センサーのUSBコードつきで十分ですので、一番安いものにしました。560円。量販店の500円サービス券とポイントを使って実質0円にしました。
 握りやすく操作しやすいようにと妙に人間工学を意識した形ですが、逆に不自然さと違和感があったりもします。まあ、とりあえずカーソルが気持ちよく動いてくれればそれでOKです。
 同じ右手で操作するのに電鍵(パドル)では、うっとり眺めたくなるような素晴らしい形・作り・デザイン、固いだ柔らかいだ、重いだ軽いだと、数値化ができない感触まで云々言う割には、マウスに対しては動けば何でもよしという寛大さです。
イメージ 1





QSLカードの整理しなくては

 12月後半にもかかわらず10月に送られてきたQSLカードの整理が終わっていません。あと300~400枚です。早くしないと12月分が到着してしまいます。いつこんなにQSOしたんだというほど山のようになります。一枚一枚じっくり眺めて楽しんでいるのも1つの原因ですが、それも楽しみの1つですから。A1Clubのランキングによると今年の私の運用日数は145日、3日に1回電波を出していたことになります。それも電信のみの集計ですから、もう少し多いです。年末年始も無線機にかじりついていそうですし、また、たくさん送られてきそうです。
 個性豊かなカードが多いですから見ていて楽しいです。メッセージ性の高いカードはいいのですが、Wkd/Cfmを確認するような簡素なカードは、eQSLに代えた方がいいと思うのですが、どうなんでしょうか。
イメージ 1

2017年12月19日 (火)

家庭内の家電製品を省エネ化

 家庭内の電化製品の省エネを少しずつ心がけています。白熱電灯を省エネ蛍光灯に変更していたのですが、それをLED電灯に変更しています。私が夜に作業をする納屋の軒下の電灯も7WのLED電球に変わりました。
 今日は、以前から音声が小さいと不評だったインターホンを新型に交換しました。既存の配線を使ってカメラモニター付きのものに変更、私が取り付け工事したので、工事費は無料です。最近のインターホンは賢いですね。不在中に誰か来ても映像に記録して誰がいつ来たのかわかるようになっています。年末は、さらに照明のLED化をしようということになりました。ほんとは、山の無線小屋の発電機を有効に使うためにLED電球を買ってきたのですが、先に家の省エネを進めることになってしまいました。
 まあ、予算が必要なことなので、みかんが順調に売れればのことですが(*^▽^*)
自転車置き場用にカーポートも作ってほしいという意見もありますが、そんなにみかんは、たくさん高くは売れませんから、次回まわしになりそうです。


イメージ 1

古本 誠文堂新光社『アマチュア無線運用ガイド』他

 昭和40年代 50年代に発行されたアマチュア無線関係の製作集など、当時買ったものを何冊か持っています。いまだに何度も読みかえしています。製作記事は、自作の原点です。『ラジオの製作』『初歩のラジオ』なども大好きでした。何冊か残っているんですが、ラジオ少年、BCL小僧たちを大いに刺激してくれました。この頃の製作集などのイラストも好きで、以前はQSLカードにしていました。文字フォントも独特のモノがあって、ついつい何度も開いてしまいます。昭和20年代の紙質も悪い頃の『無線と実験(旧漢字体)』なんてのも時々開いてタイムスリップしています。
 児童文学書も好きなので、マニアックな本と児童文学書が本棚に並んでいます。
イメージ 1

イメージ 2

ブログを書くとTポイントがもらえるんですね (*^▽^*)

 今朝、マイブログを開いたら、Tポイントが追加されたというお知らせがありました。アクセス数に応じてポイントがもらえるのでしょうか、それともランダムにもらえるのかなぁ、たいしたアクセス数もないのに・・・まあ、心配なさそうですし、もらえるものはもらっておきます。
 家内はTポイントなどに敏感です。そのおかげで、たまったTポイントで妻が借りてくるDVDを楽しませてもらっています。私は、今ひとつ、関心がありません。せっかくのTカードですから、少し気にして活用してみます。
イメージ 1

竹取り失敗!!(ダイポールアンテナ改修)

 みかんの発送や貯蔵庫の整理が終わって無線をしようと思ったら、もう午後3時を回っていました。無線小屋に向かっていたら、竹林の竹が1本裂けて傾いています。農道側に倒れかかっても迷惑になるので、切り払うことにしました。裂けていないところを使って、1.9MHzのダイポールの先端を少し上げようといらぬ欲を出しました。
 竹の根元に行くと、意外と太い!!孟宗竹なので、1本で30-40kgもざらにあるのです。斜面ですから気をつけて切らないと裂け進んでも、倒れても危険!なんとか切り倒して枝を払い、裂けた部分を切り落として農道まで下ろそうとしたのですが、竹の重みで農道を通り過ぎて、下の急斜面に滑り落ちてしまいました。『重たいし、暗くなるし、とりあえず誰の迷惑にもならないから、これでいいや。』欲張って使おうなんて考えた私が悪かったです。急斜面の竹林につき、今回は画像なしです。

2017年12月17日 (日)

久しぶりの A1C OAM

 みかんの収穫・出荷、それに加えて土曜日は姪の結婚式と慌ただしかったのですが、そんなときほど無線をしたくなります。自宅でなく、里山の畑の農機具置き場・野菜貯蔵庫が設置場所・常置場所で、普段はここから電波を出します。毎日作業しているところで軽トラで5分ほどですが、朝早い時間帯に行くのは寒さも加わりおっくうです。
 早起きして8時半前には家に戻るつもりで出かけました。朝、山から眺める景色はすがすがしいです。3.519MHZと7.025MHzで、交信していただきました。ありがとうございます。7MHzは、弱い信号でしたが、1回で拾っていただき助かりました。久しぷりのOAMでした。
イメージ 1

全国市町村マップ

 先日、国土地理協会に返信用の封筒を送りましたら、すぐに返信がありました。新聞紙大の大きな全国市町村マップが送られてきました。平成の大合併でできた市や町と以前の市町村が描かれていて、とてもわかりやすいです。国内QSOには、ちょうどよいです。
イメージ 1




2017年12月15日 (金)

ダイヤルが重くなった

 夕方1.9MHZを聞いているとJST-245のダイヤルが急に重くなり、所々引っかかりがあるように感じます。今度は、メカニカルなところにトラブルです。こんなぎこちない状態で年末年始は嫌ですので、取り外し清掃・注油・調整をしました。といっても、JRCの機械はよくできていますから、分解するのにも、ちゃんとサービスマニュアルを確認してからばらさないとうまくできません。頻繁に使うところなので軸受けがこすれて小さなゴミか金属片が入ってぎこちなさを感じるようになったようです。取り外して、清掃・軽く注油して組み込みました。指の先でくるくる回るようになりました。
イメージ 1

大島・利島・新島・伊豆半島・真鶴半島・・・

 夕方、山の畑から見た伊豆の島々です。夕空の色と真鶴半島・伊豆半島・利島などのシルエットがあまりに綺麗だったので、見とれてしまいました。
イメージ 1

イメージ 2

2017年12月14日 (木)

朝から箱根芦の湯温泉

 沼津で寮生活している子どもを朝早く送って行きました。小田原から箱根峠を越えて一時間、帰りはのんびりと箱根峠から芦の湯まわりで帰りました。朝早くからお風呂に入れさせてくれる旅館を知っていましたので、立ち寄ってみました。芦の湯の山形屋さん、玄関に行ってみるとお風呂OKの看板。玄関の受付には誰もおらず、瓶に500円入れてお湯にお入りくださいとの看板。相変わらず商売っ気のない、でもそれが私は大好きなんですが。ひとりじめで掛け流しの岩風呂を楽しんで、玄関でくつろぎました。それでも、誰1人出てきません。『いいお湯ありがとうございました。』と大きな声でお礼を言って帰ってきました。
 とかく高級感あふれる国際観光地箱根ですが、10年あまり箱根にお世話にり、こうした素朴で質素な温泉宿、民宿の方と知り合いお世話になり、また、季節ごと、時間ごとに素敵な景色・行事・人情味を味わわせてもらいました。観光コーズだけでは味わえない、いくつも素敵な箱根を時々紹介します。
イメージ 1
 山形屋さんのお風呂は、シャワーからお湯は出ません。水だけですから、お気をつけください。湯治と思って入るといいかもしれません。



eQSLに登録しました。

 『QSOしたらQSLカードは、送られてくるのがいいかな』とこだわっていました。ところが、電子QSLやWeb上での電子ログの様子を見ていると、それはそれでいいものだと思うようになりました。少し出遅れ気味かもしれませんが、先日eQSL.ccに登録しました。無料登録も可能ですが、カードのデザインに制限がつくので、ドネーションをして1ランク上げてBronze memberにしました。試しに今年分のQSOの記録をADIFファイルにして送りました。すでにたくさんのカードが到着していました。
 こういうのもいいですね。今までのように送られてきた紙のカードに、ちょっとしたコメントが添えられているのもいいのですが。eQSLでもRemarksで可能でした。
イメージ 1

 簡単に登録できていいです。JARLのカードの転送サービスも、どうなんだろうかと考えてしまいます。そのために高い会費出している気もします。LoTWは、今申請中なので、後日書きます。

2017年12月12日 (火)

電信デビューの敷居の高さ

 先日、50MHzでのQSOで、2人の人と電信デビューの話が出ました。1人は高校1年生、もう1人は3級をとったばかりの人でした。でてみたくても電信でのQRVの第一歩は、とても敷居が高いと思いました。
 私たちが電信級をとった30年以上前は、25文字/分でCQ・QSOする局も聞こえていて、勇気はいったものの冷や汗かきながら実戦で練習することができました。今、そのくらいの速度でのCQやQSOを聞くことはほとんどなくなりました。A1Cubの初心者応援プログラムもいいアイデアだなと思っています。自分でも、時には初心の頃を思い出しながらゆっくり縦ぶれ電鍵でCQを出そうと思います。
 縦振れでうまく打てるかどうかいまだに自信ありませんが。
イメージ 1

2017年12月 8日 (金)

14MHzがステーのワイヤーに共振

 国内QSOにと上げた14/21/28MHzのダイポールアンテナですが、どのバンドもCW帯の低い方に合わせて組み立てたのですが、14MHzだけ14.3MHz辺りに共振点があり、14.05MHzではSWRが2.0近くになります。しかもアンテナを回すとSWRが変化します。近くにある3.5MHzのDPの影響かなぁと思っていました。あらためてしげじげと見てみましたら、『もしかしてステーを金属ワイヤーにしてあるからかな』と気づきました。ステーを2本はずすと、見事に共振点が14.05MHz辺りにきました。仕方なく、グラスファイバー製のステーに交換しました。20メートルほどですが、結構な出費となりました。
イメージ 1


2017年12月 5日 (火)

朝は気持ちがいいですねぇ

 2階のベランダで朝日を見ました。たくさんの電線でちょっとかわいそうな日の出です。山の畑では綺麗なんだろうなぁ。西の空では十六夜の月が沈もうとしています。さあ、今日も1日笑顔でやらなくては。

イメージ 1

イメージ 2


もっと農業を

 昨夜、農協で座談会がありました。私は、認定農業者ではありませんし、実は農協組合員でもありません(家内は組合員ですが)。農協の支店長さんに声をかけていただき出席してきました。
 農業従事者の高齢化で、山の畑は危機的な状況です。耕作されなくなった畑は増えていますし、国の政策の農地の大規模化や認定農業者制度もここ神奈川西部では、あてはまりません。おそらく山間部を抱える全国の多くの農地は、国の進める政策には合わないとは思うのですが、どうなのでしょう。
 そんな状況下でも、みんなでまとまって肥料を購入したり、農機の共有を図って少しでも経費を減らす努力をしています。農業をしてみたい、手伝ってみたい、土地を借りて農業をしたいという人も少なからずいます。JAでもそういう人たちを応援しているようですが、なかなかうまくいっていないようです。

 今日も我が家の野菜・果樹売り場に来られた男性が、退職してみかんの畑を借りていることを話していました。直接農家の人と交渉して借りるというのが今のところ1番早い手のようです。座談会では、『やたらと貸しても、荒らされるだけ』という強硬な意見が出る一方で、『手伝ってもらう中で作業を覚えてもらって、任せていくのはどうか。』『高齢の農家が多いので、スピード感を持って、そういう意欲的な人を紹介してほしい。』などの前向きな意見も多くありました。農業に携わりたいという人と農家のマッチングが、なかなかうまく機能していないようです。
 がんばれ!!JAかながわ西湘

イメージ 1

みかんの収穫と販売

 我が家の今年のみかんの収穫は、終わりました。みかんの木が多くないのでまわりの農家さんに比べて比較的早く作業が終わります。今年は、みかんのできが裏年にあたるようで収穫量が少ないこともあります。
 昨年から仲買業者への出荷をやめ、自宅で販売しています。幸い、地域のみなさんに口コミで広がり、みかん農家仲間のみかんも我が家で販売しています。これから約2ヶ月間、山の畑にあるみかん貯蔵庫からみかんを下ろしたり、みかんを小袋に詰めたり、10kgや20kgの箱に入れて発送したり、いそがしい日々が続きます。『地元のみかんが食べたい』『無農薬のみかんがほしい』『安くて手頃』・・・そんな声に応援されて元気が出ます。なるべくお客さんと言葉を交わすように、また、キズありのみかんを食べていただいて味をその場で試していただくようにもしています。

 『葉物の野菜は作っていないのですか。スーパーでは高くて。』そんな声を最近聞くようになりました。葉物野菜が値上がりしているのですね。みかんの作業に追われて、情報を集めることを怠っていました。10月末に蒔いた水菜などが、そのままになってたくさんあります。なんとか収穫して新鮮で安心な野菜を届けたいです。
イメージ 1

2017年12月 3日 (日)

夕暮れ時の里山

 収穫したみかんの種分け・保管作業があるのですが、今日は、日曜日ですし、少し体を休めることにしました。それでも、みかんの注文など入って、すべてが自由時間とはなりませんでしたが、のんびりしました。午後は、里山の段々畑にある貯蔵庫の無線小屋で無線三昧しました。夕方は、アンテナの点検も兼ねて少し周辺を歩いてみました。1.9MHzのアンテナは全長がおよそ80メートル、高低差で15メートルほどあるので結構疲れます。それでも、12月の夕暮れ時の里山は、紅葉も進み最高の眺めでした。
イメージ 1

 箱根の稜線と富士山、手前は国府津山の紅葉です。


イメージ 2

 東からは、満月が上がってきました。この方向が湘南海岸・鎌倉方向です。隣の山もすっかり秋色です。


イメージ 3

 夕空の中のアンテナ群です。水平線は、三浦半島・房総半島が重なります。
ここのところ1.9MHzのコンディションも上がる傾向にあるようですので、夕方時々CQを出しています。




« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック