« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月の投稿

2017年11月30日 (木)

伝説の真空管 807

 戦後まもなく、アマチュア無線の再開を待ち望んで送信機や受信機を製作されていた諸先輩のことをよく話にききました。アマチュア無線再開の頃、既製の無線機もほとんどない中で諸先輩はファイナルに中古の807を使いピーカンでシールドして使ったとか、どうやったか想像もつきませんが水冷にしたとか伝説のような話を聞きました。アンカバーの無線局も含め、みなさん技術とチャレンジ精神があったのですね。そんな伝説にさえなってしまいそうな807ですが、我が家に何本か眠っています。いつか送信管としてよみがえらせてやりたいと思っています。

イメージ 1



サニーレタス

 冬のトンネル栽培用にサニーレタスの種を蒔いておきました。この時期寒いので育ちがよくないです。小さなポットに3つずつ蒔いたのですが、試しに土をちがえておきました。赤枠の中は、鹿沼土が多め、その他は、ピートモスが多めです。結構違いがあります。発芽というより、その後の肥料の多さでの違いのようにも見えます。それとも、鹿沼土多めの方が隙間が多すぎて温度が下がったのかなぁ。
イメージ 1





一寸ソラマメの発芽率

 ソラマメ(空豆)が昔から好きで、子どもの頃おやつによく食べていました。特に形の大きい一寸ソラマメは大好物です。自分でも育てるのですが、なかなか芽を出してくれません。せいぜい50%。普通のソラマメは、山の畑に直播きにしておいてもほぼ100%芽を出すのですが・・・。何かこつがあるんだろうなぁと思っていました。10月に蒔いてしまえば暖かくてたくさん芽を出すのでしょうが苗が徒長してしまい冬越しに適しません。今年は、裏庭でホットに蒔きました。この時期温度も微妙で暖かかったり霜が降りそうになったりしますから、寒そうな夜は納屋の軒下に入れてやりました。お歯黒を下にし、水はほどほどにして腐敗しないようにし、さらに腐敗が進まないように土から半分くらい種を出しておきました。市販の種は防腐剤が塗ってありますが、我が家は、毎年収穫した種を使い、基本無農薬です。
 44こ種を蒔きました。家中のみんなの注目を浴びながら次々芽を出しました。11月末現在41個が芽を出しました。畑に直播きした種もいくつか芽を出していましたので、来年も美味しい一寸空豆が食べられそうです。みかんの収穫が終えたら畑に植えかえ冬囲いして冬越しさせたいと思います。

イメージ 1

雪虫

 夕方、みかん畑の作業を終え、貯蔵小屋の前でコンテナに腰掛けていると、風もなく穏やかなので、小さな白い虫がふわふわと何匹も飛んでいます。『雪虫』だぁ。そういえば、金時ばあちゃんが言ってたなぁと思い出しました。
 10年ほど箱根にお世話になり、とても素敵な日々を送らせていただきました。そんな中で、仙石原の金時娘さん(今はおばあちゃん、娘さんや孫娘さんがあとを継いでいるのかな)に雪虫の話を聞きました。神奈川県でも箱根の気候は特別で、仙石原辺りでは積雪が30から40センチメートルというのは普通で、年によってはもっと積雪のある年もあったそうです。金時ばあちゃんは、仙石から金時山の山小屋まで毎日、険しい山道を歩いて上り下りしていました。そのおばあちゃんから聞いた話です。『雪虫の多い年は、雪が多いぞ』ちょうど今頃に現れる『雪の妖精、雪の伝道師』のようです。今年は雪が多いのかな。

富士山に笠雲

 連日みかんの収穫に追われています。山のみかん畑から見える富士山や箱根の山々の日々変わる姿に心癒やされます。今朝は、富士山に笠雲がかかっていました。富士山にかかる笠雲にもいろいろな形があるようですが、今日は山頂が見えないくらい深くかぶるような感じでした。天気が崩れるのかなぁ。夕方には、その笠雲がとれてきれいに山頂が見えていました。でも気象情報では、明日の朝、南関東沿岸は小雨があると伝えていました。さすが富士山、そのことをみんなに知らせていたのかな。

イメージ 1

 夕方、みかん貯蔵庫屋の前に座ってのんびりしていたときは、風もなく穏やかな富士山が見えていました。

イメージ 2




2017年11月29日 (水)

検波・電圧増幅用双2極高増幅率3極管 12AV6

 かつて地域の不燃物捨て場の山の中にあったラジオを拾うと、トランスレスのものが多く、検波・電圧増幅用はたいていこの真空管が使われていました。12BD6、12BA6、12BE6などが雨にぬれて、印字が消えていてもこいつだけは独特の内部の仕組みで区別がつきました。
 最近、トランスレス高1中2の受信機(JA9)をいじっていましたら、検波・電圧増幅をこの真空管に変更してありました。そういえば、そんな改造した覚えがあります。じゃANLはどうしたんだろうと、回路を追っていったら、30A5のグリッドから12AV6の2局部の1つのプレートに直接つないでありました。スイッチで切り離してありますので何か実験的にやったのかなぁと、自分のしたことを思いだしてみましたが、記憶にありません。そうこういじっているうちに、だんだん12AV6に愛着がわいてきました。少し調べてみたいと思います。
イメージ 1

 昔拾い集めた12AV6がいっぱいありました。ステムも綺麗、ゲッタも健在で、まだまだ使えそうです。メーカーによってゲッタを飛ばす位置や内部の構造が微妙に違いおもしろいです。それにしてもかわいいなぁ。

2017年11月28日 (火)

a1aa a1cc へ 登録

『A1 club』へは以前から入っていて、いろいろな情報をいただいたり、オンエアミーティングに参加させていただいたりして楽しませてもらっています。A1 club が行っているa1aa とa1cc のランキングに登録することにしました。
 数値で自分の電信運用の様子が示されるので、電信の運用に幅が広がったり、運用への意欲が高まったりして励みになります。
 様々な項目のランキングがありますから集計がたいへんなのかなと思っていました。ところが集計ソフトとその解説ファイルが丁寧に作られていて、簡単に申告までできることがわかり、さらにすぐに自動でサーバーでランキング表示していただけるので、とてもたのしいです。

 備忘録も兼ねて登録方法を書いておきます。

 必要なもの
 ・A1clubの会員登録をすませておく
 ・Hamlog等のログソフトを使用してQSOテータを管理していること
 ・A1clubのHPより a1aa_a1cc.exe と解説ファイルをDownloadしておく
 ・A1clubより毎週更新されるuserslist.txtの最新版をDownloadしておく

 あとは申告の時に以下の作業で簡単にできます。(Hamlogが説明)

 1.HamlogでQSOデータのCSVファイル または、ADIFファイルを作成する。

         検索→複合条件検索と印刷(F)

イメージ 1

 A1AA_A1CC.exeを立ち上げ、Hamlogのフォルダ内に、LOGLIST.csvが作成されたので、そのフォルダを指定。

イメージ 2


 集計すると以下のウィンドウが現れる。
イメージ 3


 これで完成。申告の際、メールアドレスとSMTPサーバー名とポート番号をきかれるので、プロバイダから指定されたものを記入する(わからなければ、プロバイダにログインして調べる。たいていは、SMTP.ドメイン  ポート番号587)ほどなく、ランキングに反映されます。
 11月末現在のCW率51%、かなり多いなぁと思っていたら、A1AA申告者37名中37番。みなさんほんとに電信が好きなんですね。中には、CW率100%なんていう人も何人かおられて、ただただ驚き頭が下がるばかりです。



 



2017年11月23日 (木)

また、イノシシだぁ

 みかんの様子を見に行くと、畑の奥からビィービィーと動物のうなる声がします。みかん畑の端においてある囲いわなにイノシシが3匹かかっていました。3年ほど前からこの辺りもイノシシが山を荒らしていました。もう少し奥に入った孟宗竹の竹林の近くには、イノシシの水飲み場まで作られている始末です。猟友会の人に止め刺ししていただきました。幼獣でしたので比較的楽の処理できましたが、気持ちとしては、このイノシシの肉を餌にわなを仕掛けておこうとも思いました。カラスが食って増えてもまずいですからやめました。その日に引き取ってくださる方いましたらご連絡ください。血抜きはしておきます。
イメージ 1
 1度罠にかかってしまうと、かかりが悪くなるんです。成獣がかかるようにワイヤーの高さを高くしておいたのですが、きわどいところでワイヤーを引いてしまったようです。檻の近くにもう1匹成獣がいたので残念でした。50メートル位離れたところでは畑作業の人もいました。この辺りはハイキングや散歩の人も多く、人里まで200メートルほどですが、出没するようになりました。

2017年11月22日 (水)

箱根はいつも美しい

 気圧配置が西高東低の冬型になり、夕方の空も山々のシルエットも際だって美しい季節になりました。毎日農作業をしている曽我丘陵からも小田原の町並みを挟んで美しい外輪山のシルエットが見えます。今日は、大涌谷の火山ガスが多くロープウェイが運休とのこと。少し心配しています。
 紅葉は、大平台、塔ノ沢辺りまで下りているのでしょうか。私は、晩秋の仙石もお気に入りです。長い間お世話になった箱根には、いつも心向けています。観光客の数も回復し、みなさん元気に活躍されているでしょうね。たまには、温泉に入りながら訪ねてみようと思います。
イメージ 1

昨日、曽我丘陵から見た箱根外輪山と富士山のシルエットです。


2017年11月21日 (火)

firefox の update

 何か気にくわないことがあってI.E.を使わなくなり  firefox に乗り換えていました。最近、firefox が update されたのですね。いつもの update かといつも通り更新したら、『あれ、ブックマークがない!!』 よく見ると画面左上にありました。右利きの私には、遠すぎる。それとも、パソコンでマウスを使うような私がすでに時代遅れなのかなぁ。小さなことですが、使い慣れているものがわずかでも違うと気になるものです。それとも、変化に対応できずいちいち気にとめている私が堅物になってきてしまったのかなぁ。どうしようと考える前に、すぐに  googlechrome  乗り換えをしてしまいました。もっと違和感を感じてしまいました。仕方なく  googlechromeでfirefox のカスタマイズの仕方を調べたら、ちゃんと出ていました。ひと安心。ちょっとの変化に対応できなくなってきた私でした。新しい firefox 使っています。firefoxさん、これからも、よろしくお願いします。
イメージ 1

イノシシだぁ!

 畑の貯蔵庫から30~40メートル下った辺りから林になっているのですが、最近イノシシの獣道ができていました。そこを通って人里の方へイノシシが下りていったり、畑を荒らしたりしているようです。1週間ほど前、農道組合の人たちと一緒にくくり罠を仕掛けておきました。農道からはかなり下がったところなので、ここでかかったらどうしましょうかねぇと、笑ったのですが、早速かかってくれました。
イメージ 1
 私も含め農道組合メンバー8人、猟師さん1人の合計9人で処分しました。幸い40Kg級だったで、1時間ほどで農道に運び上げることができました。100kg級だと半日がかりの作業になるところでした。
 毎回思うことですが、これが最善の方法とは思いません。以前は、タヌキと野ウサギと一緒に里山で作業をし、多少作物が食べられても、お互い里山で暮らす生き物として、何とも思わなかったのです。ところが、ここ数年の変化は目に余ります。人が山に入らなくなったとか放棄地が増えたとかいろいろ言われます。
 腹を減らし興奮したイノシシが、人里にいつ現れてもおかしくない状態です。基本的には臆病な動物ですが、慣れることが早く、どんどん人里に近づいてきています。罠などの捕獲で少し数が減りつつありますが、生息域が山の方に押し戻されているとまではいきません。餌さえあれば、どんどん数が増えていきます。まだまだ、油断できる状態ではありません。

高一中二受信機 整備 (1)

イメージ 1

 JST-245が一段落したので、久しぶりに高一中二の受信機の整備をしようと思い棚から引っ張り出しました。ご存じの人も多いと思いますが、かつて科学教材社で売られていたキット『JA9』です。30年近く眠っていましたし、あちこちいじっていますから、電源から順に回路図に起こしていくことにしました。回路図付で製作集がありますので、これも参考にできます。
 トランスレスなのですが、中古の絶縁トランスを入れて、そこから電源をとっています。12BA6(高周波増幅) 17A8(混合 局発) 17A8(中間周波増幅 プロダクト検波) 12BA6(中間周波増幅) 12AU7(低周波電圧増幅 BFO) 30A5(電力増幅)で見事にトランスレスを構成しています。ただ、検波段で一般的に使われる12AV6は使われず、検波とANL、整流はダイオードです。買って間もない頃、IFTを自作したり、同調回路にトリマーを入れてトラッキングの様子を実験したり、さらに、Sメーターに12AU7でブリッジを作ったり、挙げ句の果てには、17A8の代わりに同じ6BL8系の8A8(当時テレビから引き抜いていっぱい持っていた。ただしヒーターが300mA系なので、ヒータートランスを別に入れています)
 いろいろいじっているので、聞こえるようにするまで楽しめそうです。整流用の電解コンデンサの劣化が心配ですが、とりあえずB電源は作られていました。低周波増幅段のチェックのために、AFジェネレーターをつないでみましたら、ノイズ混じりのきたない音です。オシロで波形を追ってみると、AFジェネレーターのトラブルでした。昔のトリオのAFジェネレータを安く買って使っていました。
イメージ 2

 まずは、AFジェネレータの修理からです。ふたを開けると、実にシンプルに丈夫にできています。2連のバリコンはピカピカでシールドケースに収まり、分厚いアクリル板で絶縁固定されていました。どうやらアッテネーターのロータリースイッチの接触不良のようです。新品に交換するのも手間です。はずして接点を磨いてしまうというのが私のやり方なのですが、それも面倒そうです。試しに接点復活剤を吹きかけロータリースイッチを何回か回したり、汚れを拭き取ったりしましたら、綺麗な波形が出るようになりました。使っちゃいけない接点復活剤ですが、今回はこれで良しとして、また具合悪くなったら考えることにします。ついでに、出なかった矩形波も切り替えスイッチの接点を掃除して出るようにしました。
イメージ 3
 30A5から、綺麗なサイン波のの800Hz、いい感じです(オーディオマニアではありません)ところで、30A5の負荷インピーダンスは、2K前後と思うのですが、そんな出力トランス見たことありません。4Ωのスピーカーを8Ωの端子につないで、入力側の0-5Kにプレート側をつないでいるのでしょうか。『5K-7Kの端子につないでも2Kにはならないよ』とは、昔よく言われましたが、よく理解していません。LCR計があるので計ってみたいと思います。2ΠfLでしたよね。綺麗なサイン波が聞こえているので、遠からず当たっているようですが。

2017年11月 9日 (木)

本箱から宝物

 本箱には、お気に入りの本の他に、昔のパンフレットや様々な資料なども雑然と入っています。興味あるものが時々出てくるので、本箱探索も楽しいです。
 『HOW TO CW QSO JARL六甲CW愛好会』という9ページの小冊子が出てきました。さらに4ページ、自分でコピーした電信用の略符号表と自分のコールサインで作ったCW運用例がつけてありました。


イメージ 1


 昭和55年初版の昭和57年4月の第2版です。ハムフェア でいただいたものだと思います。基本的なラバースタンプQSOの内容がかなり詳しく説明されています。電信級をとったばかりころです。電信でのQSOの基本が、わかりやすくたくさん書かれています。

イメージ 3

 終わりには『CWのルール』という項目で5つの心得が出ていました。
 ①自分が受信できる早さで送信すること
 ②CLを打っていれば呼んではいけない
 ③同じことを繰り返し送信しない
 ④送信する速さは、相手の速さに合わせる
 ⑤相手の打つことをよく聞きよい耳を持つこと
として、それぞれについて解説されています。
 


イメージ 2

 こういう冊子大好きで、夜中によく開いています。

2017年11月 7日 (火)

VK9MA メリッシュリーフ 私には久しぶり

 11月3日から16日までVK9MAが出ているんですね。朝、10MHzのCWで見つけました。平日のせいもあり、すぐにつながりました。14MHzのCWでも聞こえましたが、時間的にCQ NAでした。お昼頃どうかなと思って聴いてみましたら、21MHZ CWでつながりました。さすが平日、DPでも1発コールでした。まあ、運がいいというのもあります。80mからCWは運用があるのですね。もしかしたら160mもかな。弱小ながら平日の昼間を使って、近場をゲットしています。


イメージ 1

懐かしい昔のメリッシュリーフのカード。

2017年11月 5日 (日)

日の出の時刻がおそくなりました

 すっきり晴れ渡りというところまではいきませんでしたが、綺麗な日の出でした。これからは、畑に行くときや畑から、日の出を見る機会も多くなりそうです。
 まだ、1.9MHzは聞こえているかな、朝から1.9MHz帯でCQ出したくなります。


イメージ 1

コロコロ富士

イメージ 1


 満月は昨夜ですが、その月が明け方、日の出とほぼ同時に富士山辺りに沈みました。満月が富士山に山頂に沈むのをパール富士ということですが、実際には、天体は日本の緯度では斜めに沈みますから、なにを持ってパール富士というのかは厳密にはわからないのですが、まあ、科学用語ではないので深く考えないようにします。
 ちょうど山の畑に行く頃、日の出、月の入りです。我が家の位置でパール富士が見られる予想でしたから、もしかして、『コロコロ富士』が見えるかも・・・。『コロコロ富士』は、小田原星について語る会で勝手につけた名前で、斜めに沈む満月が富士山の北側斜面をコロコロ転がるように沈むので、そうつけてしまいました。実際には、富士山の稜線の傾きと月の沈む角度には違いがあってコロコロというわけにはいかないのですが、まあ、そんな感じです。

コンパクトフラッシュリーダー破損

イメージ 1



 昔使っていたデジカメ(今も太陽撮影などには使っている)のメディアは、コンパクトフラッシュです。数10MBのメモリーは今では見向きもされませんが、私のところでは立派に働いています。月や太陽撮影用に望遠鏡に固定されたカメラはCFメモリーですし、山の無線小屋のパソコンにHamlogのアップデートファイル、データファイル、ユーザーファイル、A1クラブのメンバーファイルなど運ぶのは、数10MBのコンパクトフラッシュです。
 ポケットに入れてちょうどいい大きさですし、SDメモリーなどは端子が露出していますし、だいたい小さくてなくしてしまいそうです。CFメモリーは、ポイって投げても落としても丈夫そうで好きです。16MBとか8MBと言うとこんなもの何に使えると思われてしまいそうですが、かつては、大きな筐体に10MB入ったHDDをすっごいなぁと思ったことありませんか。何はともあれ、16MBもあれば、普段使うファイルは、いくつも入ります。
 毎日お世話になってるCFメモリーですが、思わぬ所に弱点がありました。『毎日使っている・・』ここが弱点でした。メモリー本体は、丈夫でいいのですが、データを書き込むメディアリーダーのピンの辺りが毎日の使用で劣化していました。たくさんのピンがあるというのも弱点です。抜き差しの時にピンが折れてしまいました。これでメディアリーダーを壊したのは2つめです。丁寧に使わないとと反省しました。
 山のパソコンは、スタンドアローンのXpにコンパクトフラッシュメモリーのアダプターカードです。こちらも大切に使わないといけません。


イメージ 2

2017年11月 4日 (土)

LCRチェッカー

 届いて数日間、手をつけずにおきましたが、時間ができたので組み立てました。といっても組み立て時間15分、アクリルケースのスタートスイッチの穴が、スタートボタンにあたって不具合でしたから、リーマで削り少し穴を大きくしてばっちり動きました。
 どのくらいの精度が出ているのかわかりませんが、アマチュア的に使うには便利です。トランジスタ、FETも簡単なチェックができます。うーーーーん、これは便利。


イメージ 1

イメージ 2


 ところでnFというやつ、何か今ひとつしっくりきません。0.047μFじゃだめですかね。。

2017年11月 3日 (金)

ソラマメの種植え

イメージ 1


 一寸ソラマメの種を植えました。ホームセンターに行ったら、ソラマメの苗が大きく伸びておいてあるではないですか!!『まずい!!まだ植えていなかった!』あわてて暗くなってから、納屋の軒下で明かりつけながら作業開始。待てよ!昨年の記録を見ると苗の植え付けは11月末でした。今蒔いて、ちょうどいいくらいです。ホームセンターの苗は、時期が早すぎて徒長していたんですね。
 今日は、畑にスナップエンドウの種を蒔きました。普通のソラマメやキヌサヤなど、畑に直蒔きしてもほぼ100%芽を出すのですが、一寸ソラマメだけは発芽率がよくないです。毎年ポットで植えて種が傷まないように、うまく管理してあげないといけません。
 でっかいソラマメは『種蒔き』というより『種植え』という感じです。


うろこ雲だぁ、秋だなぁ

イメージ 1


 夕方、西の空にうろこ雲が見えていました。秋の空ですねぇ。
うろこ雲って、少し離れたところに前線かあるんですよね。お天気下り坂ではないようですが。高校生の頃、地学部で気象通報聴きながら天気図描かされたり、雲見て判別したり、みんなで見ながら楽しかったなぁ。
 ところでこれ『うろこ雲(巻積雲)』でいいんですよね。ひつじ雲(高積雲)と似ているけど、画像では大きめですが、少しズームアップしています。お天気博士いたら教えてください。

2017年11月 2日 (木)

イノシシ戦 いよいよ全面的に戦闘

 3年ほど前から畑のサツマイモが全滅するほどのイノシシ被害が現れました。耕作放棄地が多いとはいえ、今までにない被害です。全国的にシカやイノシシが生息域を拡大しているようです。メッシュの鉄柵でサツマイモなどは被害を防げるのですが、タケノコの被害は甚大です。昨年辺りから、イノシシがみかんにまで、手を伸ばしはじめました。数も多く、1度に大型のイノシシを数頭見ることもありました。人の住む周辺にまで現れる始末です。昨年みかんの被害が出たところで、農道組合(ここを怒らせると怖い!!)が立ち上がりました。私も参加してわなを仕掛けたり見回りをしたりしていました。この1年間で10頭以上を捕まえました。中には120kg級もいて、人と遭遇したらたいへんと思いました。近隣の農道組合や農家も次々に立ち上がりはじめました。
 私の家のみかん畑は、人の住むところに近いのですが、農道組合が機能していません。普段から不法投棄や山を荒らす心ない人に悩まされるのですが、これをいい機会に有志で立ち上がることにしました。狩猟免許を取り、先日、農協から捕獲用の囲いわなが到着しました。くくりわなも竹林に設置予定です。
 昔、読んだ椋鳩十の世界を思い出します。人が山に入らなくなったり、耕作放棄地が増えたり、様々な原因が考えられるでしょう。今の方法が最善とは思いませんが、里山と人の関係を考え早く対策をとっていかないと、飢えて興奮したイノシシと人が遭遇してしまう日もそう遠くない気がします。


イメージ 1

東京マーチス

 せっかく1.9MhzのDPアンテナがあるので、東京マーチスを聴いてみました。DPのビーム方向がちょうど観音崎方向です。たいした指向性もないでしょうが。18時00分の放送から聴き始めました。観音崎までは60kmほどですが、三浦半島をはさんで東京湾側です。信号は59+10dB、中波特有のノイズと混信(名古屋ハーバーレーダーかな?)でやや聴きづらいです。6kHzのフィルタを入れてAMで聴いてみました。カップラーで同調とってみましたが、バンド全体にかかるようなノイズで、大きな効果はありませんでした。19時00分の放送の頃にはノイズも少なくなり、綺麗に聴くことができました。電波形式がH3E(アマチュア的にはA3H)のようで搬送波ありのSSBです。1.5kHz下げるとUSBでもとれます。せっかくの搬送波ですからAMで聴くことにしました。次は、時間を変えて聴いてみます。業務がお忙しいでしょうから受信報告書は送りません。


イメージ 1

栗名月 十三夜の月 旧暦9月13日

イメージ 1

 今夜は、旧暦9月13日、十三夜の月です。心静かに秋の夜の月見を楽しむゆとりがほしいです。

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック