« 2017年1月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月の投稿

2017年9月21日 (木)

JST-245H 修理完了

 先週金曜日に不具合が見つかったJRCのJST-245Hですが、1.9MHz~7MHzまで150W出るようになりました。ATU基板のリレーをすべてはずして点検清掃したのですが、特に異常は見つかりませんでした。いくら邪道で接点磨きしてしまったとはいえ、端子は綺麗で接触抵抗は0.1オーム以下でした。
 リレーを半田付けし、12Vの電圧をかけて基板の上でRLコントロール基板につながる20ピンのコネクタから順にリレーを動作させていきました。(端子を順にアースに落とすだけ)すると、ローバンドに関わるリレー(K29)が1つ動きません。リレーや誤動作防止のダイオードは正常です。ルーペで見るとリレー端子のパターンがわずかに浮き上がっています。前回リレーをはずすときに半田吸い取り器で強引に半田を取り除いたために痛めたようです。わずかな浮き上がりと破断だったため1年間正常に動作し、不安定化したようです。細いすずメッキ線でパターンを修復し、正常に動くようになりました。
 今回、ATU基板のリレーのみ点検清掃しましたが、まだ、センサー基板、アンテナ切り替え基板、TRX基板などに、ATUと同じリレー(製造中止、代替品は、端子位置が1本異なる)や他のリレーがいくつか入っています。交換、あるいは清掃が必要です。(自分への備忘録もかねて記載)
 基板の取り外しと組み立ても、結構たいへん!!印やメモをセロテープでつけながら、サービスマニュアル(英文)を見ながら丁寧にやる必要があります。

イメージ 1

この上にセンサー基板がのります。


2017年9月19日 (火)

JST-245Hの具合が悪い!!

 JRCのJST245-Hの具合がよくないです。突然1.9MHzから7MHzが送受信できなくなりました。電源を入れ直すと直ったりしますが、また、具合が悪くなります。10MHz以上は送受信ともOK、150Wほどの出力が出ます。ファイナルや電源は正常のようです。ピンと思い浮かんだのがATU基板のリレーの不具合。ATU基板はATUを使っていなくても普段からローパスフィルターになっていて、バンドを切り替えるたびに30個のリレーが切り替わりパイ型フィルターを作ります。1つでもリレーが接触不良を起こすと具合の悪くなるバンドが出ます。ちょうど1年前にも、同じATU基板のリレーの不具合がありました。その時、リレーの接点を磨いて修理しました。ほんとは、そんな修理は邪道です。それにしてもわずか一年で接点が不良を起こすとは考えづらい。前回とは不具合のバンドが違うから別のリレーが不具合かなぁ。30個のリレーすべて前回点検したのですが。とりあえずATU基板をはずしてリレーの点検をすることにしました。だいぶ古い機械ですからコネクタ接触抵抗が上がってきているのかなぁ。
イメージ 1

とりあえずATU基板をはずしまし。リレーを点検するには、根気がいりますから、覚悟を決めます。
イメージ 2
リレーをすべてはずします。1時間やると嫌になるので、この作業に2日かかりました。
イメージ 3

リレーも一つ一つ電圧を加え接触抵抗見ながら点検していきます。

イメージ 4

今夜はここまで。次回基板にくみ上げたところで動作チェックしてみます。



サツマイモ収穫

 例年、8月のお盆明けから少しずつ収穫をはじめるのですが、今年は生育が遅く、ようやく収穫できるようになりました。3年ほど前からイノシシの被害がとても多く、対策しないとサツマイモは山の畑で作ることができないというのが現状です。我が家では、鉄のメッシュの柵をしています。人間が檻の中で作業をする感じです。
イメージ 1

 全く農薬・除草剤など使っていないサツマイモです。スーパーより少し安い値段で売るのは、どうかなとも思うのですが、自宅で直売ですし、何よりみなさん喜んで、中には収穫した日に買っていかれる人もいるので、うれしいです。
 畑で天日干ししたあと、夕方、お母さんが蒸かしてくれました。綺麗な黄色で甘みもあり美味しかったです。

台風一過

 台風18号が通過したあと、台風一過のいい天気になりました。山の畑に向かう途中、海の方を見ると、まだ、高波が残っていました。酒匂川から流れ出た濁った水が海を薄茶に染めています。
イメージ 1


















 台風や強い風が吹いた日のあとは、チェーンソーを持って畑に向かいます。大きな枝が折れて道をふさいでいたり、時には木が倒れていることがあるからです。今回は、幸い道を大きくふさぐような被害はありませんでした。ゴウヤの棚が少し傾いたりしていましたが、そろそろ片付けようかなと思っていましたから、『まあ、いいか』です。あとは、アマチュア無線のワイヤーアンテナが、1つはずれていました。これも、強風で支柱が折れる前にワイヤーが外れるようにしてあったので、想定内です。簡単に直りました。

2017年9月18日 (月)

山の畑のシャック

 シャックは、山の畑にあります。標高約80メートル。段々畑の1番上がシャック。竹竿や、ルーフタワーに鉄骨の下駄をつけて作ったタワーなどで1.9MHZ~28MHZまでにQRVします。HF帯は、すべてダイポールです。50MHz帯のみ6eleのYAGIです。伊豆の島々、伊豆半島から湘南海岸、江ノ島、三浦半島、房総半島が一望できますが、見晴らしがいい反面、風当たりもいいです。夜景は綺麗ですよ。


イメージ 1


 私の仕事場ではあるのですが、畑の名義が家内なので一応土地使用承諾書をいただいて設置場所・常置場所にしています。イノシシやハクビシン、タヌキやヘビたちとも同居です。その辺りは、また、後日書きます。

2017年9月17日 (日)

はじめまして

ブログをはじめました!
コメント大歓迎です。
 備忘録的に書いています。今まで、いろいろなHPやブログの記事を参考にさせていただきました。自分だけの備忘録にとどめず公開することで、意見の交換ができたら、より前向きになれるかなと思い公開することにしました。
 どうぞよろしくお願いします!
イメージ 1


















時々、移動運用もしています。
イメージ 2

2017年9月16日 (土)

縦振り電鍵を使わないといけないな

 30年ほど前、電信級をとった頃は、毎晩縦振りの電鍵で、ゆっくり交信してくれる人がたくさんいました。ラバースタンプQSOとはいえ、今よりずっと交信内容が豊かだったと思います。パドルを使って素早く綺麗な符号が打てるようになったのはいいのですが、少し寂しい気もします。へたくそな縦振り電鍵での電信ですが、ゆっくり正確な符号を打つように心がけながら、時々使っています。

Dsc_9811

2017年9月11日 (月)

1.9MHz ダイポールアンテナ

 1.9MHz帯で電波を出してみたいと思っていました。昨年は、あり合わせのジャンクのケーブルを40メートルほどつなぎ、高さ4メートルほどの所をはわせて、手動のアンテナチューナーで強引にマッチングをとって電波を出せるようにしました。初めて1.9MHzでQSOしたときは、少しドキドキしました。

 その後、ダイポールが張れないものかと、IV線を集めたり、竹を切り出したり、準備をしてました。山の中のシャックですから、長さはとれるのですが、斜面が多いです。畑でなく林になっているところもあります。枝を切り払い草を刈って、8メートルほどの孟宗竹を南北に4本立て(北端は雑木に縛ってある。また、そのうちの1本は、3.5MHzのアンテナと共用)でダイポールにしました。給電点までは8mほどですが、急な斜面に竹が立っているので実質もう少しあるかもしれません。
0001254871_2

« 2017年1月 | トップページ | 2017年10月 »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック