2020年6月 2日 (火)

スモールステップ作って、前に進むしかないか

 A1CLUBの『2020 A1CLUB CW Olympic Games』に今年の1月1日から参加し始めて5ヶ月、今日、ようやく電信1300交信を越えました。フルマラソンの規定まで、あと約700交信、先が長いです。すでに6名の方々がクリアしています。どうするとそんなにできるのだろうと、達成した人たちのコメントを読んでみました。コンテストと移動運用がポイントのようです。うーーーん、どちらもしていない。しかもコンテストは苦手!6月は、地元の神奈川コンテストをはじめ、ローカルコンテストが多いので、少しずつ積み上げていくしかないです。

Dsc_3175_20200602212601

2020年6月 1日 (月)

5月の交信局数

 外出自粛でみなさん無線に出ることが多かったのでしょうか。連休中のコンテストもにぎやかでした。ハイバンドのコンディションが上がってきたこと、2020 A1CLUB CW Olympic Gamesのハーフマラソンコンテストの規定達成があったこと、1.9MHzのバンド拡張、などいろいろなことで、私の無線のアクティビティが上がりました。

 5月の電信での交信が600交信を越えました。おそらく開局以来初めてかもしれません。毎日1回は、CQを出しました。1月からの電信での合計は、1279交信です。フルマラソン部門の2020交信までは、まだまだ遠いですが、少し見通しが見えてきました。なるべく599BKの交信はしないで、ラバースタンプQSOのバリエーションをつけながら交信を楽しむ、そんな思いでCQを出しています。

 A1CLUBクラブのQSOパーティが終了しました。先ほど検索をかけてみましたら、27交信もしていました。はじめは、敷居が高いなぁと思っていた規定の10交信ですが、難なくクリアしていました。下旬は、相手から『UR KEY?』とたずねられることもあり、うれしくなりました。早速、申請したいと思います。

Photo_20200601072801

 A1CCのポイントは、957まで上がりました。M1の称号がいただける1000まであと43です。もしかしたら年内に届くかもしれません。

 6月は、コンテストが多いです。コンテストマンではないのですが、お騒がせで電信での参加をしたいと思っています。特に6日(土)の神奈川コンテストは、地元ですし体力と気力の続く限り参戦しようと思います。第2部の夜間のローバンドに眠気が来ないといいのですが。

Dsc_3175


 パドルが時々接触不良を起こします。ダストカバーもしないで使っているからでしょうか。それとも、食べながら打っていることもありますから、・・・。昔OMさんから教えてもらった葉書を使った接点磨きをしました。いつのまにか、接点間を葉書も入らないほど狭く調整していました。Bencherのパドルは、超ソフトなタッチ、それをさらに接点間隔を狭くして軽く楽するようにしていました。何事も基本が大切、葉書の厚みに接点間隔を戻しました。

2020年5月27日 (水)

HAMLOG E-Mail QSL

 HAMLOG E-Mail Ver.0.5が、JG1MOU浜田さん から4月にリリースされて1ヶ月あまり。私もその便利さと可能性に、すごく期待しています。JARLの電子QSL構想が遅々として進まない中で、まさに救世主となりそうです。

 eQSL.cc にも入っているのですが、日本語に対応していなかったり(今はどうかな)、カードの画像作りに自由がきかず、少し自由をきかそうとすると有料だったり、さらにQSL受領チェック作業が複雑だったり、・・・やっぱり日本のソフトがあった方がいいなぁというのが、本音です。もちろん、海外との交信が多い人は、eQSL.ccもとてもいいと思います。

 JG1MOU浜田さんのHAMLOG E-Mailは、そのあたりを解消してくれます。HAMLOG E-Mailの情報が日々アップされ、バージョンも昨日Ver.1.1aになり、HAMLOGでいう印刷定義の命令である電子QSL定義の命令なども使えるようになり、日々改善改良が行われていて、見ているのも楽しいです。HAMLOGでは、交信中に相手に関わるJPGの画像がヒットする機能がありますが、今までは画像作りが面倒でチャックをはずしていました。これからは、電子カードがヒットするので交信もさらに楽しくなりそうです。

 私も、今月中旬 Ver.0.9 をインストールし、登録しました。昨日は、Ver.1.1a に変更しました。すでに登録数は、500人を越えているようで、これから すごい勢いで増えていくのではないかと思います。紙のQSL転送に多くの費用がかかると嘆く旧体質のJARL幹部にも、思わぬプレゼントになるのでしょうか。それとも、もうJARLに入る意味がなくなって、会員数の減少になってしまうのでしょうか。とりあえず、HAMLOGの登録には、JARLの転送アドレスが必要とはなっているようですが。

 電子QSLを使うにあたって、通信設定に躓く人が多少でそうですが、設定方法はプロバイダごとに例示が多く出されてきています。私は、普段使っているアドレスではなく、新たにyahooのアドレスを1つ作りました。このほうが、他に影響なく使えます。JG1MOU浜田さんも、そのようなことを薦めていました。 

 最近は、年間2000枚ほど紙のQSLを発行しています。4月に新たな白紙カードを6000枚も購入してしまいました。紙資源・印刷・輸送・転送、・・どれをとっても負荷が大きいです。どうしても紙のQSLや紙ログにこだわる人は、そのままでいいと思いますが、趣味の世界とはいえ、変化に対応していくことも大切とも思います。

 何はともあれ、日々目の離せない状況になっているのは確かです。

Ws000036

2020年5月19日 (火)

2020 A1CLUB CW Olympic Games ハーフマラソン部門 クリアー(続き)

 16日(土)にA1Club の CW Olympic Games ハーフマラソン部門をクリアーし報告を出してから、発表される報告表を毎日見て、記載されるかなぁと楽しみにしていました。今朝、主催者の JR0DIL 新井さんからメールをいただき、20番目に記載されたとのこと、うれしかったです。私にとって、5ヶ月以内に電信で1010交信は、快挙に近い数字です。『年内に2020交信を目指します。』なんてことは、ボーッと生活している私には言えません(笑) 年末に向けて毎日電信で平均5交信を続けても、届くかどうかの数字ですからね。

20

2020年5月17日 (日)

2020 A1CLUB CW Olympic Games ハーフマラソン部門 クリアー

 昨日は、もう一つ、うれしいことがありました。なかなかポイントが進まなかった 2020 A1CLUB CW Olympic Games、ついに1月1日から通算で電信の交信が1010のハーフマラソン部門の規定を越えました。6月までかかるかなと思っていましたが、ハイバンドのコンディションに助けられました。息を切らしながらの往路完成です。残り約1000交信、どこまで走れるか。

その他に今月は、
 〇HAMtte QSOパーティ Spring の20局はクリアー
 〇A1C QSO PTY の10交信クリアーで継続中

2020

1時間18分で AJD !!

 昨日は、ハイバンドのコンディションが大変よかったです。夕方、28MHzのCWでCQを出しました。1時間ちょっとで AJDが完成しました。50MHzで1度だけ 1DAY AJDを達成したことはありますが(他のバンドは調べたことがないです)、28MHzでは、初めてです。我ながら、ビックリです。18分間でなくて、1時間18分でした。

Ws000032_ajd

2020年5月 8日 (金)

A1 Club の A1CCポイント 911までいきました (*^▽^*)

 いつもなら1週間に2つくらいしか増えないA1 ClubのA1CCのポイントですが、ここ2週間で30以上もアップしました。GWでみなさん家から運用されたこと、ハイバンドの国内コンディションが上がってきたこと、私が進んでハイバンドで運用したことなどが原因のようです。あと89ポイントで1000、『M1』になれます。次の目標が近づいてやる気が上がります。
 A1C QSO PARTYが少し足踏み状態です。14局と15回交信です。さすがにこちらは、CQ A1 PTYを出しても空振りが多いです。HAMtteにもCWで挑戦してみようと思います。

 EK-160 こんなものもあるので久しぶりに登場して、A1C QSO PARTYに出ます。
Dsc_3139_01

2020年5月 6日 (水)

A1 Club の A1CCポイント 900までいきました (*^▽^*)

 A1 Club のA1CC(メンバー3700人くらいと、何回交信するかでポイントを上げていく。ただし各バンド1回1ポイント限りです。)HAMLOGで、メンバーはヒットするようにしてありますが、なかなかポイントが伸びません。集計と申告は専用ソフトがしてくれます。100交信で『C』、1000交信で『M1』、2000交信で『M2』・・・の称号となるのですが、各バンド1回1ポイント限りというのがなかなかくせ者で楽しいです。
 昨日ようやく900に達しました。『M1』の称号まであと100、カウントダウンしようかなと思います。私の交信ペースだと、あと1年以上はかかりそうです。

Ws000026

A1C QSO PARTY ポイントゲット大作戦!(かなり せこい作戦)5日目

 GWも終盤、天気もよく行楽日和ですが、STAY AT HOME で歩く人も少ないです。山の畑で一人で夏野菜の種まきの準備をしました。日が傾いてから、山の小屋で運用開始しました。15時を過ぎていましたが、10MHz~21MHzまで国内や近隣国が聞こえていました。50MHzもにぎやかです。50MHzで、『CQ A1 PTY』を出してみました。A1メンバー外の人からお呼び出ししてもらい、電鍵名を教えていただきました。昨日の交信も含め 14ポイントになりました。相手の人がどんな電鍵を使っているのか大変興味があるところですが、それを聞き出すのは、なかなかたいへんです。こちらから『CQ A1 PTY』と打っていないと、突然KEY名を聞かれても戸惑うでしょうね。他の人の交信を聴いていると、『SRI SRI UR KEY?・・・』などと打ってられました。

 10MHzもにぎやかでした。呼びまわりしていると、A1メンバーから呼ばれました。『UP2』で応答。A1Cポイントをゲットしました。そのまま呼ばれ続け、さらにA1ポイントの上乗せができました 
(*^▽^*)

Ws000025

2020年5月 4日 (月)

A1C QSO PARTY ポイントゲット大作戦!(かなり せこい作戦)4日目

三日坊主な私ですが、4日目になります。今日は雨です。畑の仕事はお休みです。早朝、無線機の電源を入れると3.520MHzで『CQ A1 PTY』が聞こえました。寝ぼけ眼で応答、10ポイント目をゲットしました。敷居が高いと思っていた今回のQSOパーティですが、開始からわずか4日で10ポイント達成、我ながらびっくりです。ここでひと安心することなく、QSOパーティの目的である『欧文モールスによるコミュニケーション、アクティビティや親睦の促進』など意識しながら、5月いっぱい楽しんでいきます。

Dsc_3124_01

A1C QSO PARTY ポイントゲット大作戦!(かなり せこい作戦)3日目

 東京コンテストで、ちょっと疲れたので、畑の草取りや畝作りで気分転換。約2時間、やり出すと切りがないので夕方5時に終了して、いよいよA1C QSO PARTY ポイントゲット大作戦!です。7.026MHz付近で CQ A1 PTY したけれども応答ありません。少し下がって7.008MHz でCQを出してみました。国内が開けているようで、次々呼ばれました。さすがにこの周波数で CQ A1 PTY は、打ちづらいので、A1メンバーが応答してくるのを待ちましたが、1時間近くCQを出していましたがA1メンバーからの応答なしでした。
 1.9MHz へ移動しました。クリアーなバンド内でした。CQを出すと短い時間に4局も立て続けに応答してくださり、しかもそのうちの1局が、A1メンバーでした。突然 電鍵名をお聞きしましたがていねいに応答してくださり、1ポイントゲットして9ポインドになりました。あとひとつです!

Dsc_3126_01
バンド内がとてもクリアーです。

東京コンテストに参戦(ちょっと不純な目的((^_^)))

 5月3日は、東京コンテスト。とはいうものの午前中は、野菜の収穫・出荷があるので午後からの3時間の参加です。参加目的は、コンテスト入賞ではありません。電信の交信数アップで、A1 CLUBのCWオリンピックのポイントを上げること。あわよくばハイバンドで、A1CCやA1AAのポイントをゲットすることです。とりあえず3時間は、A1CのQSO PARTYは、お休みです。

 東京コンテストの素晴らしいことは、県外局同士の交信を認めていること。懐が深いですね。その恩恵で交信局数を増やすことができます。
 12時過ぎに無線機の電源を入れましたが、昼食のパンを片手に持っていたので聴くだけ、12時半頃から50MHzでスタートしました。バンドのすみから順にすべての局を呼びまくる作戦。28MHz → 21MHz → 50MHz → ・・・2時間半で電信51局と交信。各局ありがとうございました。A1Cメンバーとも何局か交信でき、A1CCのアップにつながりました。

Ws000024

2020年5月 3日 (日)

A1C QSO PARTY ポイントゲット大作戦!(かなり せこい作戦)

 毎年5月1ヶ月間開催されるA1CLUBのQSO PARTYは、楽しみにしています。今年のQSO PARTYには、お題があります。相手の使っているKEYの名前を聞き出す。2回目以降の交信の時は、好きな電鍵やどちらの手でKEYを使っているか、一番好きなキーは何か などを聞き出す。さらに、FINAL(終段ではない)は、ENJOY CW AT HOME など時節柄にあった形にする。
 うーーーーーーん、私には敷居が高い!  というわけでなんとか楽できないかと考えました。複数の電鍵があれば、2回目以降も違う電鍵紹介でOKとのことなので、3つのパドルを並列につないで、対応できるようにしました(笑) しかし、相手の人が複数の電鍵を使うとは限らないので、次にラバースタンプQSOのようにして紙に書き、臨機応変に組み合わせてしのぐ。これでなんとか10ポイントいくかな。さらにA1NETに参加すると1ポイントだそうです。しかしA1NETは、英語の平文です。英語は苦手な私です、いや、できないに近いです。が、1ポイントのために、ご迷惑覚悟で無理矢理参加して1ポイントをもぎ取る。
 というわけで、5月1日からスタートして2日目、なんと8ポイントゲット、規定の10ポイントまであと2つです。この調子なら今日10ポイントに達するかも。ただ、こんなやり方で獲得したポイントをA1CLUBの主催者が認めてくれるかどうか。

Img_0864_01

2020年5月 1日 (金)

CWオリンピック 途中報告(かなりのスローペース)

 意気込んではじめた A1clubのCWオリンピックですが、早くも息切れしています。すでにフルマラソン部門にゴールしている人が出ている中、ハーフにも達していません(>_<)

 4月の電信での交信局数は、以下の通りです。206交信。1月1日からの電信での総交信数は、658です。レースの1番後を最後尾を知らせる審判車に追われながら走る選手のようです。トライアスロン部門も、まだ、クリアできていません。どこまで走れるのか、厳しい状態です。そんな中、『A1 CLUB QSO PARTY 2020』がはじまりました。これが、また、敷居が高い!!とにかく連休中のコンテストなどに参加して、交信数を増やすことをしてみます。

Ws000023

くっついた文字、乱れた比率の短点・長点は取れません(笑)

 電信初心者の私にとって、文字間のない符号や短点・長点の比率が大きくずれた符号はとれません m(__)m
 時々そんな符号で呼ばれてしまうことがあります。何回か聞き直してようやく『R』です。申し訳ないですが、『599 TU』のコンテスト並みの応答で失礼させていただいています。
 かつて電信級以上に送信実技試験があった頃、誤字 脱字 冗字などの減点点数に加えて、『品位』 という項目がありました。誤字 脱字 冗字 と比べとても大きな減点だったと思います。『品位』とはなんぞや? そんなことをローカル局と話しながらお互い練習し合いました。あの時の『品位とはなんぞや?』は、今も私の課題です。
 電鍵のカチャカチャ音に浸るのも楽ししいと思いますが、どんな電波が出ているのかをモニターすることも、また、コミュニケーションツールですから大切と思います。A1CのOAMのお知らせの中にも、文字間のない符号はとりかねます。などと書かれていますが、その通りと思います。
 間延びした長点の TU SK も、ありがたくない と言っているのかなと思ってしまうへそ曲がりな私です(笑)

2020年4月30日 (木)

160メーターバンドがにぎやか((*⌒▽⌒*))

 160メーターバンドなどの拡張から1週間、大型連休の初日ということもあって、1.9MHzがとてもにぎやかでした。1.910MHz付近は狭帯域デジタルの信号も消え、国内の局がたくさん聞こえました。私もにぎやかしにど真ん中の1.910MHzや今まであまり使わなかった1.908MHzでCQを出しました。1.847MHzあたりでは、早くもLSBの信号が聞こえています。1.808MHzでもCQを出してみましたが、今夜は応答なしでした。ますます楽しくなってきた160メーターバンドです。
 電子申請ですが、私は、1.9MHz(1.8MHzを含む)は、A1Aですので、SSBも出られるように申請しました。今まで3MAとなっていた一括コードにJ3E(SSB)は含まれていなかったのですが、今回の改正でJ3Eも含まれるに変更されたようです。

Dsc_3111

2020年4月28日 (火)

QSLカードの整理も、また楽しい

 転送されたQSLカート到着は、1エリアは偶数月です。今月もHサイズで300枚ほど到着しました。以前はカード整理も、ログ帳との照らしあわせで面倒な作業でしたが、Hamlogにデータを移してから楽になり楽しくなりました。最近は、到着したQSLを両面刷りと片面刷りのものに分け、裏表もれなく見て楽しむようにしています。データを確認するのはもちろんですが、それとともにどのカードも発行者の思いや個性が見えます。こんなカードの形もいいなぁとか、アマチュア無線とこんな向き合い方をしているんだとか、自分を変えていくいい材料になります。先週届いたカードもまもなく全部確認済みになってしまいます。過去の未整理分も少しずつ整理しています。JCCやJCGなどの申請をしてみようかと思っています。

0428_dsc_3105

拡張された160メーターバンドでの初交信

 冬の160メーターのコンディションが終わったようで、昨夜の160メーターは、いつもつながる京都の局がQSBをともないQRNに埋もれ気味でした。再び拡張された160メーターバンドです。今まで1.9MHzと合わせても20KHz幅でしたが、それが全電波形式とはいえ一気に合計80KHzになったのですから、いろいろな使い方もできるのでしょう。国内QSOに加えていくらDXやコンテストで使っても電信だけで80KHzは広いなぁ、やはりフォーンも使えるようにするのかなぁ。
 今まで狭帯域データ通信と入り交じっていた1.910MHz付近がとてもクリアーになり、昨夜も、そのあたりで国内のCQがいくつか聞こえました。国内交信がとてもやりやすくなった感じです。私には、それがとてもうれしかったです。
 拡張された1.810MHzより下がって1.808MHz付近で四国からCQが聞こえてきましたので、拡張された160メーターバンドでの初交信をしました。もちろんフルサイズとはいえ共振点から100KHzも下がっていますからカップラーのお世話になりました。今後バンドの使われ方によっては、アンテナの再調整や末端に周波数調整用に2メートルほどワイヤーを取り付けるようです。
 なにはともあれ、160メーターバンド拡張、おめでとうございます!!

追伸:
 しばらく160メーターを聴いているとCQ DX・・・が聞こえてきました。スプラッタといくつも子どもを連れています。自分もほんと気をつけなくてはいけません。新スプリアスの規定は高出力の電波を出す場合にこそ、より厳しい規制が必要なのかと思いました。せっかくの拡張された160メーターバンドをお一人で使っている様子でした。山の私のシャックのアンテナには、何十キロも離れた局もかなり強く入ります。ということは私の電波も同じように、強く飛んでいる可能性があります。私も、1KWが下ろせるライセンスですが、極力小出力と綺麗な電波に心がけたいです。

2020年4月24日 (金)

160メーターバンド 拡大!! 

 4月21日、1.9MHz帯および3.5MHz帯に新周波数帯の追加が告示されました。特に160メーターバンドは、1.800MHz-1.810MHzと1.825MHz-1.875MHzの60KHzも追加されました。とりあえず現行の電波形式で出るだけでしたら変更申請も必要ありません。明日の夜あたり、追加された周波数で思いっきりCQを出そうと思います。
 今までの周波数と合わせると1.800MHz~1.875MHz,1.9075MHz~1.9125MHzになります。新しく拡大されたところは全電波形式となっていますから、SSBも可能ということになります。どのような使われ方、周波数プランになっていくのか楽しみです。
 先ほど、総務省の電波利用電子申請で160メーターバンドの電波形式変更でSSBを加える申請しようとしましたら、まだ、160メーターバンドにSSBを含む一括コードが設定されていませんでした。
 今まで1.910MHzを中心にワイヤーダイポールを調整してありましたが、100kHzほど下げるようかなと思っています。両サイドを2mメートルほど延長するようです。

2020年4月15日 (水)

QSLカードの印刷

 午前中、タケノコの収穫・出荷が終わると午後は、外出自粛で時間をもて余しています。星の仲間とのテレビ会議システムが動き始め、夜は楽しい時間がとれるようになりました。
 物置をがさごそと片付けていたら、白紙のQSLカードが一束(500枚)出てきました。昔、ハムフェアで買ったことを思い出しました。ただ、International DX サイズで、印刷をするのに使いにくく、そのままになっていました。時間があるので、HamLogの印刷スクリプトをDXサイズ用に一つ作りました。500枚だけだから簡単に作ればいいかなと思っていたのですが、シンプルには印刷するものの、結局、移動運用やRemarksのコメント、QSLマネージャー宛・・・など手の込んだものにしてしまいました。根っからこういうちまちましたプログラムが好きで、やり出すと切りがなくやる性格です(笑)

Dsc_3089

«2020 1月から3月のCW交信数

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック